« Trofeo ABARTH 500 | Main | L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE その2 »

2009.04.08

L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE

Img_9952

BISCARETTI MUSEO DELL'AUTOMOBILE
イタリア自動車産業の中心地、TORINOにある国立自動車博物館である。

2007年より2010年末まで、レストアのため閉館中。それにあわせて2008年は、NOVECENTO, VEROCITA, DREAM(1 2 3 4)に分かれたTRILOGIA DELL'AUTOMOBILEという展示を行っていた。
そして今年、2009年はL'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE=自動車の革命という展示を始めた。先週末はそのオープニング、特別に入場料無料というキャンペーンを行っていたため、家族、友人と共にTORINOを訪れ、その展示とともに古都TORINOを満喫してきた。

その会場は昨年と同じ、これまで多くの名車が発表されてきたTorino Esposizioni。
ここでFerrari, Maserati, Pininfarina, Bertone, Ghia, Frua, Allemano, MicherottiなどデザインCarrozzeriaが手がけた数々の作品、Lamborghini Miuraなども全てここで発表されてきたのだ。(じっくりと昔のTorinoShowの写真を眺めると特徴的な天井が写り込んでいる)

テーマが革命ということから、自動車創世記から現在までに至るあらゆる革命、いわゆる内燃機関の発明から始まり、デザインの革命、レーシングの革命、そしてハイブリッド、電気自動車など未来への革命、全てが展示されていた。

中でも壮観であったのは、メインの展示場にあったこのトップ写真。
Ferrari 500F2, Maserati 250F, Mercedes-Benz W196, AlfaRomeo Tipo159。これらF1の伝説となる1950年代のマシンが奇麗に展示されていたのだ。今となっては叶わぬ夢であるが、これらが一同に会し、レジェンダリードライバーがエンジン全開で疾走してゆく姿を見てみたかった。


Img_9970
後ろ姿も痺れるかっこうよさ!


Img_9978
その向こう側にみえたのがこれ
Ferrari F40LMとAlfaRomeo 155 V6TI
共に90年代前半を戦った古典的、そしてハイテク時代の先駆けとなったエポックメーキングなレーシングカー


Img_0019
MUSEO DELL'AUTOMOBILE所蔵のAlfaRomeo F1、179B (1981), 185T (1985)


Img_0001
戦前の自動車創世記の車両、また戦前のレーシングカーも多くあった。
Bugatti T35Bと対に並べられたITALIA 11には驚いた。
自身よく知らないメークスであるが、解説文を読むと、1925年製のレーシングカーで、僅か1LのV12気筒スーパーチャージャーエンジン、足回りは全て独立したサスペンションを持つ。なんと特徴的な面構え!


Img_9935
今回の目玉はCistalia 202だったけど・・・
ちょっと周りの柵が邪魔です。


その2へ

|

« Trofeo ABARTH 500 | Main | L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE その2 »

Comments

トリノに初めて行ったときは開館していたのに入らなかったのですが、次からトリノに行ったら休館になっていて凄く後悔していましたが10年末から再開なんですねー!良かったー。トリノに行く楽しみが増えます!シンプルな壁での展示のようですがマシンに圧倒的なオーラがあるのでかえって迫力する感じますね!

Posted by: corse4 | 2009.04.08 at 05:19

ちょうど一年前に“VEROCITA”を開催してる時にトリノに行きましてBISCARETTI MUSEO DELL'AUTOMOBILE理事のロベルトさんに連れて行ってもらいました。相変わらず展示がとても洗練されていて素敵ですね、毎年の展示テーマの設定が絶妙でこの博物館キュレーターの見識が高いことが良くわかります。

Posted by: おやじ | 2009.04.08 at 11:31

marcue様>1年前にトリノへ行った時はまだ閉館していました。宿泊していましたル.メリデイアンリンゴットから歩いて行けるなんて驚きました。しかし、立派に蘇りましたね。見に行きたいですが、何か仕事がからめば、、、。アルファのF1は、プロターを持っていました。他のメーカーはなかなか手を出さないですから。独特なマルボロの蛍光レッドは難しい色ですね。それではまた。

Posted by: 大内 誠 | 2009.04.08 at 12:02

トップ写真のラインナップ。
すんごいです!!
痺れちゃいます!!
涎、出ちゃいます!!

このまま、ドライバーが駆け寄りエンジンをかけ...レース・スタート。
・・・あ。
それは、LeMansだ( ̄▽ ̄;

Posted by: ghie | 2009.04.08 at 12:51

corse4さん
私も開館していたのに行かず・・・公開することに。。。。
やっぱり趣味人としては、前と後を制覇しないとなぁ〜〜(→逝ってます)
この展示は9月頃までやっているようなので、機会があれば是非!


おやじさん
私はVEROCITA、結局行かず・・・ でした。
今回の展示は、昨年の3部作をミックスした感じ、「昨年もみたなぁ〜〜」というものも・・・  
去年の驚きはすごかったですねーー! おやじさんが訪れたあと、お会いしたときは完全にKOされていたようで、私も強く訪問を勧められましたです。


大内さん
まだ蘇っておりません。本物のBiscarettiのほうは工事の真っ最中であります。しかし、本当に2010年末に再オープンするのか?(ここはイタリアですから・・・)
今回はル.メリデイアン隣のEATALYで昼を食べました。結構おいしくて侮れないな!と感じましたです。


ghieさん
すごいラインナップですね。
これらが一同に会して疾走する姿みてみたいですねーーー。個人的には159をみてみたいです。

Posted by: marque | 2009.04.08 at 20:30

地震は大丈夫でしたか?

Posted by: mittang | 2009.04.09 at 20:07

mittangさん
こんにちは、おひさしぶりですね。
地震は北の方はとくに問題ないです。心配していただき、どうもありがとうございます。

Posted by: marque | 2009.04.12 at 18:34

遅いコメント失礼します。
私は2006年にギリギリ訪れました。
ランチア100周年の記念イベントを行っており、エンリコフミアさんと一緒でした。。。
仮展示はとてもカッコイイですね。
古めかしい展示でしたので、リニューアル後が興味津々です。
2010年になったら行きたいなぁ・・・。

Posted by: F105L | 2009.05.17 at 13:19

F105Lさん
私は古い方はいけず・・・・ 共に制覇してみたかったです。今となっては叶わぬ想いであります。F105Lさんはフミアさんと一緒だったなんて、羨ましい。そういう機会は一回の重みが違いますね。
在イタリア中にリニューアルしてほしいけど・・・イタリアだけに無理だろうな〜〜(嗚呼)

Posted by: marque | 2009.05.18 at 23:28

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/44581870

Listed below are links to weblogs that reference L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE:

« Trofeo ABARTH 500 | Main | L'EVOLUZIONE DELL'AUTOMOBILE その2 »