« April 2009 | Main | June 2009 »

2009.05.28

Fabbrica di Ferrari

Img_0622_2

FERRARI LEGGENDA E PASSIONE、土曜日のTRACK DAYには嬉しい特典プログラムも付随していた。

それはFerrariファクトリーツアー。

Maseratiフリークな私だが、このblogからも伝わるようにMaseratiと同じようにFerrari好きなのである。これまでそれを経験したことなかった私には望外のプログラム。

Fioranoパドック、ならびにLogistic centerでオークション車両を十分に堪能した我々は予め準備されたバスに乗って、FioranoのCasa di Enzo前からMaranelloのFerrari正門前まで移動したのでした。

伝統ある正門をくぐると、これまで写真で見た通りの黄色い壁に囲まれたファクトリーがそこには広がっていた。ほかにも先に紹介したPiazza Michael Shumachuerと同じく、多くの通りにAlberto AscariなどFerrari伝説のドライバー名が名付けられ、否が応でも心を駆り立てられる。

まず最初は、612, 599, 430を製産している伝統的なV12, V8製産ラインが備えられた社屋に足を踏み入れる。ここは写真撮影禁止、現代の製産ラインゆえ非常に奇麗だが、Maseratiのラインと比較すると古さを感じてしまう。V12のラインは空いているところがあり、低調なクルマ産業界で好調といわれるFerrariでさえも減産体制という雰囲気を感じずにはいられなかった。その隣は内装部門、プレミアムカーの真骨頂である色とりどりのレザー見本やステッチはとても興味深い。アテンド係が詳しく説明してくれたのだが、ほかの見学者から様々な質問が飛び交っていた。しかし、私にはあまりに質問が簡単すぎて・・・足早に次を目指してしまった。

その後はCaliforniaのために建設された新しい社屋とライン、Ferrariによって近代化されたMaseratiと同じシステムが採用され(なんか順序が逆?)、さらに進んだシステムであった。なんとロボットまでも導入されていて驚いた!

Continue reading "Fabbrica di Ferrari"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2009.05.24

FERRARI LEGGENDA E PASSIONE

Img_0561

一気に夏が到来したような暑さの中、行ってきたEmillia Romagnaの旅!
MilleMigliaに続き内容盛りだくさんな週末(本当に濃密です!)を実況レポートしてみたい。

先週末、土曜日は昼頃からFerrariの本拠地Maranello、Fioranoテストトラックを目指して出かけてきた。

その目的はRMオークション「FERRARI LEGGENDA E PASSIONE」

4年前、Sotheby's at Ferrariで大成功を納め、その後RMオークションが引き継いだFERRARI LEGGENDA E PASSIONEは今回で3回目を迎える。毎年のようにオークション史上最高額の落札価格を計上していたが、今年は酷い世界経済情勢のもとどのように推移するのか? そして今回はFerrariの伝説的なマシンのひとつ、330P4が出展されており、それが一層皆の興味をかき立てた。

私が訪れたのはTRACK DAYと呼ばれる土曜日。この日は僅か120ユーロのbid権さえ手に入れれば、購入希望車種をFioranoテストトラックで自らテストドライブできる。現代のGTカーはもちろんのこと、Ferrari 250TRをはじめとするクラシックレーシングからGTカーまで、購入の意思を有するか否かによって希望に添ってもらえる。


Continue reading "FERRARI LEGGENDA E PASSIONE"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2009.05.19

MilleMiglia, the greatest “rolling museum” on the planet

Img_0436

やっぱり一度はMilleMigliaのつづき

「the greatest “rolling museum” on the planet」

これは以前、Maserati.comでMilleMiglia紹介の際に使われていたフレーズ。MilleMigliaはまさにこの言葉がぴったり当てはまる夢の競演なのだ。

今回はBresciaの街中を訪れて散策した後に、スタート前のパドックにあたるMuseo MilleMigliaを訪れることにしてみた。

パドックになるMuseoの中庭は、スタートを控えた車両が奇麗にならび壮観な光景が繰り広げられる。そこでは街で見逃したであろうクルマにも何台も遭遇することになる。中庭に面したテラスでは、参加者らが1600kmに渡る長丁場にむけてつかの間の休息中。ここではこれまで人ごみに紛れていた友人に何人も遭遇!熱狂的なエンスージアストやカメラマンらにも出会い、今後の健闘をともに祈ったのであった。

MilleMigliaは計370台以上、凄いマシンばかりゆえに感覚が麻痺してしまいます。本当に!!

Continue reading "MilleMiglia, the greatest “rolling museum” on the planet"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2009.05.15

やっぱり一度はMilleMiglia

Img_0402

MilleMigliaは1957年まで繰り広げられた公道レース。残念ながら大きな事故をきっかけに中止となってしまったが、1977年に復活を望む声に答え、タイムレースとして復刻版MilleMigliaが始まったのは広く知られるところ。その後の人気は日本を含め、世界各国に広がっている。

イタリアにきて早3年目、いまだしっかりとMilleMigliaを見たことも無く・・・、しかし、クルマ趣味人としてはMilleMigliaを見ずに帰国する訳にもいかず・・・、いざBresciaまでMilleMiglia観戦へ!

もともとBresciaは、中世の雰囲気を残す大きくもなく小さくもないくらいの程よい地方都市。しかし、この週だけは、街には色とりどりの参加車両、多くの参加者、それを見学に訪れる世界中からの観光客が溢れその雰囲気は一変するのだ。
以前とはオーガナイザーも代わり、Vittorio広場は工事のためか車検場も代わり、大きく異なることとなったMilleMiglia、数年ぶりに訪れるBresciaの街はいかがなものなのか? いささか興奮気味に足をBresciaに向けたのでした。

まず街の中心地であるDoumo前広場に行くと、そこには色とりどりの車!車!!車!!! 参加車両がとめられ、クルマの周りで優雅に食事をとるものもいれば、写真を撮る見学者もおり、MilleMigliaの文化がBresciaの街にとけ込んでいることを感じ、こちらのボルテージも急上昇! 
その後はカメラ片手に街中をのんびりと散策。

Continue reading "やっぱり一度はMilleMiglia"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2009.05.06

Concorso d'Eleganza その3

Img_0155

Villa d'Esteの3回目はConcept car部門から

最初に紹介したように今回のConcorso d'Eleganza Design AwardはAstonMartinのOne-77が受賞したが、私自身が受けた驚き、衝撃度と比較するとその結果は少々異なる。
もちろんOne-77は美しいし、そのスタイリングは前後のフェンダーが広がり迫力もあってデザイン的には成功してると思う。しかし、美しさや優美さと驚きは全く別のものなので、その点からみたConcept carを紹介したい。

個人的な衝撃度はなんといっても、BMW GINAにある。
C Bangleが昨年発表したGinaであるが、これが動いているときの驚きは、その場にいる人全てが感嘆の声をあげたほど。

ところで...走っているときと書かずに、動いたときと書いたのには訳がある。その驚きは、フロントライトの瞬きにあり、ドア、エンジンのフードの開閉、リアウイングの動きにあって、走っている姿ではない。
昆虫のような有機的な出で立ちのGINAが目を開けウインクする仕草や、昆虫の羽を思わせるドアがせり上がっていく姿は、これまでにみたことのない経験で何とも不思議で奇妙な感じ。
実際に動く姿をみると驚かずにはいられないと思う。

Continue reading "Concorso d'Eleganza その3"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2009.05.01

Concorso d'Eelganza その2

Img_0272

日本のGW週間と同じく、メイデーにあわせてイタリアもポンテ(=橋)という飛び飛び連休に突入。今年は飛び飛びというより3連休、私もこれから出かけてしまうのですが、ネタが古くならないうちに、Concorso d'Eelganzaの第2弾!

Concorso d'Eelganzaというと戦前のRolls-RoyceやBentley, Bugatti, AlfaRomeoなどが花形、たしかにBest of Showを獲得したAlfaRomeo 8C2900Bなどは素晴らしいスタイリングで惚れ惚れする。しかし個人的な嗜好は、戦後にあって戦前はレーシングカーしか知らないので・・またまた独断的に選択して紹介。

トップ写真はVilla d'Esteらしい光景、コモ湖畔に広がるVillaに沿って並べられた展示車両の脇からパレードに向かうFerrari 400SA、オレンジ色の建物がいかにもVilla d'Esteらしく、その場所にいるだけで優雅、裕福になった気分(→大きな錯覚なんだけど・・・)になる
この400SAはFuoriSerieの時代の最後期ともいわれているクルマ。そのファーストオーナーはイタリア人なら全員が知るFIATの総帥、Avvocato, Gianni Agnelliである。デザインはPininfarinaだが、そのスタイリングは正直Pininfarinaらしくないところがまた魅力、全く同じデザイン、同じカラーでAvvocatoはMaserati 5000GTもオーダーしており、まさにModenaの両雄がAvvocatoのために製造した車両なのである。

Continue reading "Concorso d'Eelganza その2"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »