« 57º Coppa Intereuropa Autostoriche | Main | 57º Coppa Intereuropa Autostoriche その3 »

2009.06.20

57º Coppa Intereuropa Autostoriche その2

Img_1463

前回のつづき
先に70年代のF1を紹介したので今回は箱のスポーツカー。

スポーツカーには何種かのカテゴリーに分けられ、生粋のスポーツカーマシンが走るGT&スポーツカークラスから、AlfaRomeo Giulietta, Giulia, Lotus Cortina, MG, Miniなど、数種のカテゴリーからなる。
先のF1は完全に興味そのものという雰囲気で見るのに対して、こちらはちょっと背伸びすれば手が届きそうであるだけに、「いずれ将来は!」や自身が走ることを思い描きながらも見て、とても魅力的。

これらのクラスから、超個人的嗜好に基づいて驚かされたことを紹介したい。

このCoppa Intereuropaは、AlfaもCooperもLotusも多く走っていた。自身、根っからのイタリア車党なので、やっぱりAlfaやLanciaなどのレーシングカーに注目してしまう。ゆえにこれまで相対的に英国車、特に箱にはあまり注目していなかったのだろうと思う。

ところが・・・



Img_1536
今回、Lotus Cortinaの格好よさには痺れた。
ボクシーなスタイルに愛嬌を感じるフロントヘッドライト、そしてサイドにキリリととワンポイントで入ったストライプ。軽快なエキゾースト音をまき散らし、疾走した後に目に飛び込んでくるのは特徴的なリアライト。
こんなにもホワイトカラーのCortinaが並び壮観であったことが、余計にイタリア車党の私に突き刺さったのだろう。帰国したら、Cortinaを選択肢にいれて考えてみたいと本当に思ってしまった。


Img_1471
こちら整備中のCortina、そのメンテナンスはClassic Team Lotus!
そして、その舞台はMonzaをはじめとするヨーロッパの名門サーキット!
こんな環境でジェントルマンレースを楽しめる環境なんて、なんと贅沢なんだろうか。


Img_1538
Img_1276
白ばかりのCortinaに対して、カラフルなAlfaRomeo
やはり赤が多いが、ほかにも色とりどり。Cortinaのお弁当スタイルに対してどっしりと構え、小さいキャビンがスポーティーでGOOD LOOKING!!
自分でサーキットを楽しむなら、「GuiliaやCortinaあたりがいいなぁ〜〜」と友人と呑気に話しておりました。どうなることやら・・・


Img_1465
今回、友人の粋な計らいによって、幸運にも表彰台の上に案内してもらった。
そこからレースは迫力満点! 目の前ならぬ、眼下を通過してゆくマシンも感動したし、レーシングカーから発するエキゾーストに一番近かったのではなかろうか? 
FerrariなどのV12勢は全然、エンジン音が違います。まさに「ファァーーン」と吠える。やっぱりV12はいい。


Img_1328
このAstonMartinカラーを纏うDB4のレースバージョン、DP214もクールだった。Ferrari 250GTOのモディフィケーションに対抗し、DB4をモディファイしたDP212の改良発展版、当時2台のみ作られたという。1963年に行われたCoppa Intereuropaで勝利を収めており、まさに凱旋レース。


Img_1556
おまけはClassic Team Lotusのトランスポーター
British Greenに生える黄色のレンダリング。そして黄金期を支えたタバコスポンサー、Gold Leaf, John Player Special, Camelのロゴが入る。
超格好よかった!


つづく

|

« 57º Coppa Intereuropa Autostoriche | Main | 57º Coppa Intereuropa Autostoriche その3 »

Comments

ここら辺はツクバの風景と同じですね、違うのはトランポの格好良さ加減かな(笑)、パドックのお洒落さ加減もまだまだ違うかもしれません(汗)。先日FSWに行ったんですが一昨年はトヨタが予算を割いてレストランなどの快適度が急上昇したのですが、今年になり金融危機なのかもしれませんがいきなり元の木阿弥になってしまいガッカリ・・・(ノ_-。)

Posted by: おやじ | 2009.06.20 at 07:36

marcue様>帰国されましたら、是非サーキットデビューしてください。私も最初は恐る恐るでしたが、だんだんと楽しくなって、最後は筑波のラップが1分19秒で優勝!。知らない子が駆け寄って来て「おじさん、速かったねー!。」と。最近お知り合いになりましたおやじ様とも、この頃競りあってたらしいんです。1980年当時、私が乗っていましたランチアは珍しくて、アルファ軍団の中、孤軍奮闘!って感じでした。

しかし、本場はやはり違いますね。グッドウッドの興奮を思い出しました。コルチナは良いですよ。ただ、思ったよりもでかい!。と言いますか長いです。

私はAMがいいな〜。トイネ・へゼマンズのダイナミックなドライビングを思い出します。

DP214!.色が良い!。格好も独特で好きです。エンジンルームも雰囲気があって、黄色に黒のラインの入ったハイテンションコードが効いているんですよね〜。この車はかつてから描いてみたいと思っていました。またまたmarcue さんがうらやましくなってきました。

おやじ様>またまた庶民は、裏で焼きそばですかね〜。

Posted by: 大内 誠 | 2009.06.20 at 09:43

おやじさん
こんにちは。筑波と同じ光景ですかっ! う〜〜ぅん、まあそうかもしれません。基本的には同じクルマですからね。後は雰囲気か・・・・
FSW>レストランはまだあるんですよね? トヨタには頑張ってほしいものです。世界一の自動車メーカーとなったのだから、文化においても、ビジネスにおいても健全に世界を牽引して欲しいものです。将来、GMみたいなことにならぬよう・・・


大内さん
サーキット面白うそうですね。イタリア車好きな私にとっては、王道のAlfaでいくか?それともひねくれてLotusやLanciaでいくか。そんな車種選択よりもレースはお金がかかるので、フレキシビリティー重視か??
写真はいろいろ山のようになるのですが、とても全て紹介しきれず・・・最近はかいつまんだもの状態であります。グッドウッドにも行きたいな〜〜
AMのあの色! 私も感動しましたです。DP214、最高だったな〜
この頃のクルマはレース車両でも、エレガントであります。

Posted by: marque | 2009.06.20 at 16:07

おぉ~~~LOTUSのトランスポーター、カッコいい!です。
ミニカーのコレクションに加えたいですねぇ~(実物は絶対無理ですからw)

Posted by: iwao | 2009.06.20 at 22:49

iwaoさん
こんにちは、お久しぶりですね。
そう、実は私も、、、思わずミニカーが欲しくなってしまった一人です。
それくらい衝撃でした(笑)

Posted by: marque | 2009.06.21 at 05:49

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/45393173

Listed below are links to weblogs that reference 57º Coppa Intereuropa Autostoriche その2:

« 57º Coppa Intereuropa Autostoriche | Main | 57º Coppa Intereuropa Autostoriche その3 »