« Non Aggiudicato | Main | 57º Coppa Intereuropa Autostoriche その2 »

2009.06.11

57º Coppa Intereuropa Autostoriche

Img_1319

最近は訪ねたイベントレポートと化しているblog。
先週末は57回目を迎える伝統のCoppa Intereuropa Autostoriche見学に、伝統のMonzaサーキットに向かった。

現在のCoppa Intereuropaは、クラシックF1、クラシックスポーツカー、クラシックFormula、AlfaRomeoなど参加車両は多岐に渡る見応えのあるジェントルマンレース。なかなかクラシックF1が何台も疾走する姿はお目にかかれないし、それがエンジン全開で激走するのだから興奮しないはずはない。こんなチャンスは見逃すことはできないのだ!

今年はGroupCカーまで走って「これって本当にクラシック?」と思うくらい。おまけにF1やGroupCは現在でも通用するほど速いのだから、正直言って草レースの域を完全に逸脱している。まさにここが欧米のジェントルマンドライバーの凄いところ!

パドックに足を踏み入れると、もうそこは伝説のマシンばかり。まっすぐ歩くことができないような雰囲気。しかし、そこはグッと我慢し今まさに走行が始まろうとしているF1ピット、ピットロードを一目散に目指したのでありました。

トップ写真はピットロードオープンを待つマシン。
白黒だと時代は30年遡る!


やっぱりF1は素晴らしい。
もちろん現代のF1も好きだけど、クラシックも同様に心を惹かれる! そして現代のF1とはことなり、こうやってゆっくりと観察できるのだからたまりません。


Img_1315
現在F1の至宝、Williams, McLaren, Ferrari。
先頭から、Alan Jonesが操ったWilliams FW08、James HuntのMcLaren M26、Niki Laudaの312T。このWilliams FW08は翌日、面白い光景を拝見することになった。(後述)


Img_1317
Lotus 91, march 761, march 761, Arrows A3, McLaren M19, Theodore TR1/2、Heskethら・・・
マシンも凄いが、これらをドライブしたドライバーを挙げるだけで・・・あ〜凄い。


Img_1322
MARTINIカラーが格好いいBranham BT44, 後ろはShadow DN9, Williams FW06


Img_1323
ピットでエンジンスタートを指示するドライバー、マシンはEmerson Fittipaldi がドライブしたMcLaren M26


Img_1356
Nelson Piquetがドライブしたグランドエフェクトカー、Brabham BT49C。やっぱり痺れる!!


Img_1324
こちら紹介したWilliams FW08
カウルをとった状態だとアルミモノコックであることがよくわかる。丁度1981年はMcLarenがMP4/1をカーボンモノコックで作製しデビューさせた年、丁度過渡期のマシン?

Img_1513
Img_1541
翌日、目にしたのはこのFW08のエンジン脱着光景!
これはなかなか見れない。思わずピットのなかで釘付けになってしまった。


やっぱりF1はいい!
現在のF1はFIA vs FOTAの様相ですが、やはりF1は最高でないといけないと思いますし、最高のドライバーでないと!!

つづく

|

« Non Aggiudicato | Main | 57º Coppa Intereuropa Autostoriche その2 »

Comments

marcue様>最近のF1は、やはりレッドブルですね。S・フェッテルも期待通りでしたし、ドイツ人としましては、ベロフが期待されて亡くなり、その後のシューマッハは、あまりお完璧さで、ファンとはなり得ず。しかし、このフェッテルは、クルサードのサポートとしている時から、目をつけていましたので、私の目に狂いは無かった!と。

DFVの時代ですね。スペースシャトルからのヘラクレスカーボンボデイ!。あっという間に浸透してしまいました。しかし、あれって絵にならないんですよね。

マーレイのブラバム時代。私は、BMWターボエンジンを横倒しにして、やたらペッチャンコなあのタイプが好きです。あれはBTいくつでしたか?。

ウイリアムスは、アランジョーンズが、頭角を現したマシン。フライサウデイア、TAG、そしてあのビン・ラデインがスポンサーをしていた頃。

日本にも最近クーパーマセラテイが入ってきました。

フェラーリはやはりT4ですね。

しかし、うらやましい×2です。

Posted by: 大内 誠 | 2009.06.11 at 09:24

毎回この年代のF1だと、ちゃんとつられて出てきます。
お久しぶりです。何ともうらやましい限りの世界ですね。
マクラーレンはM26でしょう、ブラバムはBT44ですね。
マーチはペンスキーとベータマーチですね。ペンスキーにはマークドナヒューが乗っていました。ドナヒューは出身がブラウン大学と私の留学していた大学だったのが密かな自慢です。アローズ、ヘスケス、はまだしもテオドールも走っているのですね。
ウイリアムズ 自信ないですが08ですかね。
毎回親父の戯言です。お元気そうで何よりです。

Posted by: y | 2009.06.11 at 22:20

渋いです!
僕は何もやっていないMonzaへは行ったことありますが・・・。
目的は、Libreria Autodromo
スーベニアショップですな。
ステッカーやらキーホルダーをまとめて買ったらオヤジさんは大幅にマケてくれました(笑)

Posted by: F105L | 2009.06.11 at 23:51

この頃のF1はかっこいいですね。 懐古趣味と云われてしまいそうですが、個人的にはマンセル&パトレーゼ時代のウィリアムズ(FW13~14)以前が好きです。 以降は色んな足枷が折角の「最高」を曇らせてしまったと考えてしまうこの頃。

昔買った「赤いペガサス」を書棚から引っ張り出して70年代にタイムトリップしてきます。

Posted by: CLOT | 2009.06.11 at 23:51

大内さん
こんにちは。
今回は珍しく最近のF1からですね。ドイツドライバーが気になるのは、やはりドイツ留学からですか? フェッテルはいいですね。これから大きい器になりそうな予感がします。ただちょっとミスが多いところが・・・ こういう癖は強くなってもたまに顔を見せますからねぇ〜〜。私の最近のお気に入りはアロンソであります。ハミルトンは今年の走らないマクラーレンになってから、好感を持つようになりました。逆にバトンは・・・何も感じなくなり。。。やっぱり私はひねくれ者の典型例のようです。
クラシックF1はやはりDFVが多いです。規則もそうなんですが、なんといっても数があるのでメンテナンスがしやすいのでしょね。しかし、マシンのほうはほとんどすべてが新品!きっと現役当時より精度も管理もしっかりしたものを使われていると思います。
BrabhamBMWでペッチャンコなら、BT55でしょうか??? 私はファンカーを見てみたいのですが・・・ マーレイはやはり今も昔も独創的ですね! 
なんとCooperMaserti!パドックにもいました。しかしCooperClimaxのほうがやっぱり格好いいと思ってしまいました。


Yさん
つられてありがとうございます。
ご指摘の件、私も悩んだのです。プログラム表記と実際が異なったりで・・・ しかし、とりあえず書いて誤りがあれば、Yさんにご指摘をいただけるだろうと!!安直な考えでULしました(笑) 既に訂正させていただきました、Grazie!! いつかは一緒にF1楽しみたいですね。
marchは、その通りでPetersonとBramvillaのマシンでした。ドナヒューはBROWN大学卒!! レーサーには珍しいですね。そういえば、F1を走っていた山本左近も学生だったような・・・
こちらは元気にやっています。しかし、そろそろ次も考えなければなりません。


F105Lさん
F105Lさんもインターカップははまると思います。F1以外にもスポーツカーがゴロゴロ走っていますし、日曜日にはクラブミーティングなんかもやってます。おまけに露店もでていますから、なんでもOK!!
私も何もやっていないMONZAあります。そういうときは本屋さんとバンクでも眺めながらという、ゆったりモードですね。ヨーロッパ第2の国立公園なので緑も多く、天気がよければ快適です。 オヤジ=アクアッティーさん、先日結婚されたらしく、日曜日に式の写真を見せていただきました〜。嬉しそうでした。


CLOTさん
機械仕掛けのF1格好いいです!みるとすぐわかると思いますが、もう本当に昨日でき上がってきたようなすばらしいパーツばかり使っています。いやはや趣味のレベルといいますか、深さといいますか、情熱といいますか・・・・ 驚かされるばかりです。FW13-14のころも十分ハイテクF1なんていわれていましたが、今に比べればゼンゼンでしたね。あの頃のスーパーラップは2位に1秒くらい差を付けてブッチギリのポールでしたね!!当時は昔のF1は・・・・なんていわれていましたが、やはり今から思うと、最高でしたね。。 私もタイムトリップ大好きです。またいろいろ教えてください。

Posted by: marque | 2009.06.11 at 23:57

marqueさん、こんにちは。
ヒストリックF1…たまりませんね。アルミモノコックとDFVの組み合わせが最高です。

DFVもちゃんとパーツが全て揃いますし、モータースポーツに対する理解と歴史が違うのでしょう。

TGPは年2-3戦追っかけて観戦していましたが、モンザは外せませんね。
1コーナーか、アスカリシケインで良く観ていました。

数年前、Cレガツォーニとピットで遭遇、312Tにまた乗ってみたいと言ってました。

来年は是非、訪れたいです。
それでは…

Posted by: ronnie | 2009.06.14 at 17:29

ronnieさん
こんにちは。こちら、今週末は家でゆったり、休日らしい過ごし方をしています。
さてヒストリックF1はたまりませんね〜〜。これが世界最高のジェントルマンレースなんだから、本当に恐れ入ります。
モンザに限らず、私はイングランドに行きたいのですが、、、、諸々のイタリア的事情(visa問題とでももうしましょうか?)で行けません。近くて遠いイングランド、ブランズハッチとグッドウッドなのです(泣)
レガツォーニと遭遇ですか!いいですねっ、羨ましい。昨年逝ってしまったので、もう叶うことのない欲望ですね。
来年、私は居るか否か判りませんが、いつかはどこかでイベントご一緒したいですね。

Posted by: marque | 2009.06.14 at 22:20

marqueさんは日曜に行かれたのですか?
私は土曜だけだったのですが、現地でそれらしき方を探しておりました

今回は312Tが2台もあって、良かったです
私、これまで312Tシリーズは何台かEG始動を
見学した事があるのですが
12気筒っていつもナカナカ掛りませんでした(笑)

Posted by: フォルギエリ | 2009.06.16 at 03:30

フォルギエリさん
こんにちは、同じ場所にいたにもかかわらずお会いできず残念でありました。私はまたまた懲りずに連日訪れました。土曜日は終日おりましたが、日曜日は午前だけでした・・・ 土曜日は連れと一緒だったので、うろうろしていたのですが・・・
しっかし、やっぱりインターコッパはいいですね。天気も大雨から一転のよい天気、まさに最高でした。私の場合、F1だとFerrariに限らず、LotusやBrabham,McLaren, Williamsにひかれちゃいますね、名前を挙げるだけでウキウキしてきちゃいます(笑)

Posted by: marque | 2009.06.16 at 05:56

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/45304021

Listed below are links to weblogs that reference 57º Coppa Intereuropa Autostoriche:

« Non Aggiudicato | Main | 57º Coppa Intereuropa Autostoriche その2 »