« May 2009 | Main | July 2009 »

2009.06.29

Vernascaは面白い

R0015206

Vernasca Silver Flag

今イタリアで一番豪華なヒルクライムイベントである。
今年はMaseratiの創立95周年を記念してフューチャーするらしく、Maserati Clubからの招待もうけたので観戦に訪れた。

このヒルクライムはPiacenza郊外の小さな街、Castell'Arquatoをスタートし丘を駆け上がってVernascaがゴールという全長約5kmのコース。参加車種はバラエティーに富み、ほとんどなんでもOK状態。それにも関わらず凄い名車が含まれ、それらがエンジン全開で走ってくれる。
観客席などはなく、コースはスタート地点にコンクリートウォールがあるだけで、ほかは金網の柵が作られているだけ。そこを1000馬力を超えるモンスターマシンも疾走してゆくのだから、安全面もイベントの発想も50年ほど前のサーキット並み、走る方も見る方も古き良き時代のルールに習っているのである。これこそイタリアの特徴か?ローカルイベントの特徴か?凄くゆるーい雰囲気で楽しいのだ。(安全面には緩すぎる気がしないでもないが・・・)

今年はMaserati兄弟を特集していたので、Maserati, OSCAが多かった。
その中で眉唾の参加者はSir Stirling Moss!! ローカルイベントの域を超えてます。

Continue reading "Vernascaは面白い"

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2009.06.22

57º Coppa Intereuropa Autostoriche その3

Img_1359

Coppa Intereuropaの最終回はやっぱりF1だ!

今日はSilverstoneにて伝統のBritish GP。現代F1はドラスティックな規則変更の影響か、下克上が起こってBRAWN GPがおとぎ話を完成させるべく快走中!
しかし、ファンを無視したFIA vs FOTAの政治論争に翻弄されて、そんな快進撃も霞んでしまっている。どうなることやら・・・(私にはFIAの意見は全く理解できまえんがね。。)

今回は、ビジネスに昇華するする以前の純粋なモータースポーツF1カテゴリーから!


Img_1478
まずはやはり戦前の伝説的ブランド、Maseratiから。
クラシックファンの中には、Maseratiグリルを見るだけでなんとも言えぬ興奮を覚えるという人は多い。それほど当時のMaseratiは凄かった。レーシングに対するMaserati兄弟の情熱が注ぎ込まれたマシンは、その速さにおてもメカニズムにおいても突出する存在だった。

Continue reading "57º Coppa Intereuropa Autostoriche その3"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2009.06.20

57º Coppa Intereuropa Autostoriche その2

Img_1463

前回のつづき
先に70年代のF1を紹介したので今回は箱のスポーツカー。

スポーツカーには何種かのカテゴリーに分けられ、生粋のスポーツカーマシンが走るGT&スポーツカークラスから、AlfaRomeo Giulietta, Giulia, Lotus Cortina, MG, Miniなど、数種のカテゴリーからなる。
先のF1は完全に興味そのものという雰囲気で見るのに対して、こちらはちょっと背伸びすれば手が届きそうであるだけに、「いずれ将来は!」や自身が走ることを思い描きながらも見て、とても魅力的。

これらのクラスから、超個人的嗜好に基づいて驚かされたことを紹介したい。

このCoppa Intereuropaは、AlfaもCooperもLotusも多く走っていた。自身、根っからのイタリア車党なので、やっぱりAlfaやLanciaなどのレーシングカーに注目してしまう。ゆえにこれまで相対的に英国車、特に箱にはあまり注目していなかったのだろうと思う。

ところが・・・


Continue reading "57º Coppa Intereuropa Autostoriche その2"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2009.06.11

57º Coppa Intereuropa Autostoriche

Img_1319

最近は訪ねたイベントレポートと化しているblog。
先週末は57回目を迎える伝統のCoppa Intereuropa Autostoriche見学に、伝統のMonzaサーキットに向かった。

現在のCoppa Intereuropaは、クラシックF1、クラシックスポーツカー、クラシックFormula、AlfaRomeoなど参加車両は多岐に渡る見応えのあるジェントルマンレース。なかなかクラシックF1が何台も疾走する姿はお目にかかれないし、それがエンジン全開で激走するのだから興奮しないはずはない。こんなチャンスは見逃すことはできないのだ!

今年はGroupCカーまで走って「これって本当にクラシック?」と思うくらい。おまけにF1やGroupCは現在でも通用するほど速いのだから、正直言って草レースの域を完全に逸脱している。まさにここが欧米のジェントルマンドライバーの凄いところ!

パドックに足を踏み入れると、もうそこは伝説のマシンばかり。まっすぐ歩くことができないような雰囲気。しかし、そこはグッと我慢し今まさに走行が始まろうとしているF1ピット、ピットロードを一目散に目指したのでありました。

トップ写真はピットロードオープンを待つマシン。
白黒だと時代は30年遡る!

Continue reading "57º Coppa Intereuropa Autostoriche"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2009.06.03

Non Aggiudicato

Img_0778

かなり経ってしまったFERRARI LEGGENDA E PASSIONEの最終章

前回紹介したMilleMigliaは早めに切り上げ、Maranelloを後にして美味しいEmillia-Romagna料理を満喫。翌日曜日はオークションが始まった頃、またまたFioranoに舞い戻ってきたのだった。

通常Fioranoの敷地内はFIATグループ以外の車両は入場できないのだが、この日はエントランスで係員に誘導されるまま駐車場にむかうと・・・
あらら・・・憧れのFioranoのパドックに誘導され、そのままトラック上を走ることとなり、そのまま特別に設けられたコースサイドの駐車場にパーキング。Fioranoを走ることも珍しければ、FIATグループ以外のRenaultで走ることはもっと珍しい、そして駐車後はもっと珍しくFioranoトラックを自分の足で歩きながら会場に向かう。これはなかなか出来ない経験だ!とこんなことを話しながらオークション会場に足を踏み入れた。

毎年、クルマオークション史上最高額を更新していた「FERRARI LEGGENDA E PASSIONE」ゆえ、期待が膨らんでいたが、、、軒並み落札されず流れてゆくクルマ多し。

Continue reading "Non Aggiudicato"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.06.01

MilleMiglia in Ferrari

R0014853

オークション会場から、ファクトリーツアー、その後バスで誘導されたのは昨年完成した新しい食堂前。

この土曜日はMilleMigliaの最終日、Bresciaに戻る経路でMaranelloのFerrari工場がチェックポイントとなっているのです。丁度そこにタイミングを重ねて企画されたオークションでまさに至れり尽くせりのクルマ三昧。

MilleMigliaは確か2日前に十分堪能してきたはずなのに・・・(笑) チェックポイント前で、怒濤の午後に興奮し疲れた心と体に休息タイム。エントラントやオークション参加者、見学者用に軽食も準備されていたので我々はAperitivoをフライングスタート、心地よい気分で車両の到着を待つことにしたのでした!


Continue reading "MilleMiglia in Ferrari"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »