« 夏の風物詩 | Main | Alps, Monte-Bianco »

2009.07.22

Tour de Franceは最高だ!

Img_1576

行ってきましたTour de France観戦へ!

こんなにもTour観戦が楽しいものだとは・・・正直、驚かされた次第。

Tour de Franceが世界最大で一番有名な自転車ロードレースであるということに異論を唱える人はいないと思う。Grannd Tourに数えられるGiro d'Italia, Vuelta a Españaと比較しても、その知名度は群を抜いている。

もちろんTour de Franceがスイス、イタリア国境のアルプスを通ることも以前から知っていたが、これまではただ何となくTVで観戦するだけ。しかし、その昔はTour de Franceに興味を持ちよくTVでみていたこと、またここ2年ほどGiro d'ItaliaのコースとなるDolomiti山塊を訪れたことがきっかけとなり、一度はTour de Franceの山岳コースを観戦してみたいという希望を持っていた。

折しも今年は久しぶりに日本人が出場し、かつて癌を克服しTourを7度も制した王者、L Armstrongが復帰、加えて同じチームのエース A Contadorとの関係は?など見所満載、そんな訳で一路アルプスに向かったのであった。


Carte
今年のTourはピレネーの山岳ステージでも総合優勝を狙えるライダーに大きな動きがみられず、後半のアルプス山岳ステージが山場になるのでは?といわれていた。
そこで我々が選択したコースは、2009 Tour de France, 第15ステージ。


Profil
フランス、イタリアの国境、Pontarlierを出発し、Col S Bernard麓のVerbierがゴールとなる全長207kmのコース。ラスト20km前から登り始めゴールは1468メートと1級山頂フィニッシュ。
ここでドラマティックなContador劇場が繰り広げられようとは!!




さて今回は自転車ミーハーがお送りする「超個人的Tour 1日レポート」と称して書いてみたい。


R0015375
午後5時頃ゴールとなるVerbierの街へ午前中に向かうと、コースとなる通り両側には多くのキャンピングカーが駐車し既に場所取りは完了、様々な国旗、応援旗まで出され雰囲気満点、コースには多くの応援が書き込まれ、さらにゴールに向かう多くのサイクリスト。
これまでに経験したロードイベントの中でも超特級な盛り上がりで「これがヨーロッパの自転車レースか!」と感動したのであった。


R0015382
ここはゴールまで8kmの地点
ここから急激な山頂への登りが始まる。多くのサイクリストが観戦のため、同じ道を登ってゆく。これこそが観戦の正攻法なんであろう。
私には、「まだまだ・・・」


R0015384
ここから我々はゴンドラに乗って山頂まで行く
山の中腹にみえるうねった道路がコース


R0015394
山頂に到着は午後1時過ぎ。
ゴールまで4時間もあるので、どうしようかと思っていたが・・・
まずはゴールの見学、表彰台。


R0015395
まさに最後の競争が行われるゴール
しかし、ここで争われることはないほどContadorの印象的な素晴らしい走りだった。


R0015398
我々は2時前頃から、ゴールまで250mほどの地点に陣取った。
コース内には雰囲気満点の応援が書き込まれ、コースを仕切るのはTourの象徴である黄色い壁


R0015408
時間を持て余すことになるだろうと思っていたが、そんなことはなかった。
グッズを配りにきてくれたり、盛り上げてくれたりと、飽きさせずに観客を盛り上げてくれる。さすがヨーロッパの文化、自転車レースと感心した瞬間。
これはスポンサーのHARIBO応援旗にSKODAのマスコット


Img_1570
ライダーが到着する1時間ほど前から、続々とキャラバン隊がやってくる。
Bbox号がやってきたり・・・


Img_1566
HARIBO隊が来たり・・・


Img_1574
赤玉ジャージ、maillot blanc à pois rouges=山岳賞をスポンサーしているカルフール号が来たり・・・


Img_1576_2
そうこうしているうちに先頭集団は最後の登りに入る。
ここでは有力チーム、有力選手の駆け引きがあり、最後にContadorがアタック。会場のアナウンスからは「Alberto Contador」の名(フランス語訛り!)を連呼!(アナウンスがフランス語なので、いまいちよく判らない・・・のが残念)  
Contadorが、Schleck, Wiggins, Armstrongを引き離して登ってくるのだろうと理解したその後、A Contadorがものすごい勢いで現れたのであった。とても200kmを走ってきた後とは思えないほどのスーパーなペダリング、我々を含む観客は大興奮で多いに盛り上がったのであった。


Img_1586
Img_1597
離されまいとする多くの有力ライダーが、勢いよくクライミング!


Img_1595
大集団は仲良くみんなで一緒にという雰囲気。


R0015419
観戦を終え、改めてゴンドラの発着場に向かうと・・・
そこには何台ものチームサポートカー、なかなか壮観な光景。


R0015426
足を進めるとASTANAのチームカーを発見


R0015427
その上には、L Armstrong, A Contadorのレーサーと珍しくみていると・・・


R0015422
目の前にL Armstrong, A Contadorと8度のTour制覇を成し遂げたAstanaチームの監督、J Bruyneelがインタビューされている。
これはナイスタイミング! 両エースの確執、チームの方針、今後のサポートなど、記者からの質問に丁寧に答えるインタビューを横で聞いた。かなりGOOD!!


R0015439
初のTour観戦を終え大満足で、再びゴンドラに乗車し下山すると・・・
まだまだ驚きは終わっていなかった。

下山駅すぐ側に別府史之選手が所属するTeam SKIL SHIMANOのチームバスが停まっているではないか。
ちょっと寄り道すると、当日の山岳ステージをよい成績で終えたFumyが記者やファンと会話している。
思わず私も加わり、また一言応援を伝えてきたのでありました。
思い出深い経験。



楽しかったTour de France!
こんなにも興奮するなら、昨年からTour de FranceもGiro d'Italiaも観戦しておくべきだった。ちょっと後悔。





R0015518
おまけ
チームキャラバンからもらった溢れんばかりの応援グッズ(注:決して独り占めしていたわけではありません)
これだけの規模なんだから、世界最大のレースということに納得!

|

« 夏の風物詩 | Main | Alps, Monte-Bianco »

Comments

今年、最高に勝負を決めるステージを山頂で観戦できたなんて素晴らしい限りです!ロープウェイのある山岳ステージは移動がかなり助けられますよねー!移動手段のない峠ではヨーロッパの人が歩いて登りまくる姿に圧倒されてしまいます!やはり山岳ステージはドラマチックですねー!ちなみにツールドフランスよりもジロデイタリアの方が観客の規制が適当です。それに5月ですからもう少し涼しいので観戦はしやすいかと?でも寒すぎる日もありますけれど!今度は、イタリア国内のワンデーレースなども行かれてはいかがですか?あー羨ましい限りです!

Posted by: corse4 | 2009.07.22 at 18:17

エエですなぁ!! ツールド・フランス!!
ボクも昔から大好きです。
実際に見に行かれたんですかっ!!ウラヤマシ〜!!!
ボクは希に愛機でツールド・雑賀崎と称して走ってます。^_^
http://homepage.mac.com/mittang/my_boom3.html

クルマで走るとこんな感じです。
http://f.flvmaker.com/mc2.php?id=wfrFdgg95_GKUTAF6Eq.PMq82Bx_RiieDPOeePUAbckJEYPOm8ikKix&logoFlg=Y

Posted by: みったん | 2009.07.22 at 22:06

corse4さん
こんにちは。いやぁー本当によかったです。Tour観戦があんなに楽しいとは!!
なにかドラマが起きないかな?と思っていましたが、想いもかなって大満足。
私は軟弱もので、歩いて自転車で上ってゆくのはなかなか出来そうにありません。Giroのほうが山はきついようですね!?しかしDolomitiの5月は天気次第で雪ですね(笑) 今年も9月にPasso Pordoiに行きます。今年は自転車orトレッキングに挑戦予定です。
実はここには書いていないのですが、昨年Vareseで行われた世界選手権をみにいきました!!ここもよかった。でも盛り上がりは断然Tourでしたね。。


みったんさん
はい、憧れのTour観戦できました。
クルマとは違う楽しみがありますね。本当に街全体がお祭りのようで、興奮しました。自転車はヨーロッパでサッカーに次ぐスポーツの一つであることに納得です。
自転車もクルマも心地良さそうですね。私もやってみたい。

Posted by: marque | 2009.07.23 at 02:28

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/45705556

Listed below are links to weblogs that reference Tour de Franceは最高だ!:

« 夏の風物詩 | Main | Alps, Monte-Bianco »