« Mont VentouxとTour de France | Main | Elio Zagato passed away »

2009.09.13

Formula 1 Gran Premio d'Italia

R0017122

7月以来のクルマネタ

ヨーロッパラウンド最終戦、F1 イタリアGPに行ってきました
友人の好意によって予選を観戦に!

観戦したのは第一シケインアウト側のシート
シートにつくと目の前にはメインストレート後半340km/hからのブレーキングアプローチ、シケイン進入、Roggiaへの加速まで見渡せる、加えてコースを挟んだ向こう側にはモニターが設置され、瞬時に予選の順位がが把握出来るという素晴らしいロケーション。

R0017133
Monzaサーキット最大の追い越しポイントは何といっても第一シケイン。
今回は予選なので壮絶な追い越し合戦はみることはできませんでしたが、近代F1は予選順位が最重要。ゆえに予選アタック時はコースオーバー、シケイン直進などドライバーの気合いを感じることができた。そして圧巻はそのエキゾーストサウンド、「パァン・パァン・パァン・パァン」と瞬時に決まってゆくシフトダウン、加速時にはトラクションコントロールの「バァッバァッバァッバァッ」というサウンドを巻き散らしながら加速してゆく。おまけに予選ではタイヤに熱を入れるために恐ろしいような超高速蛇行運転でコーナを立ち上がってゆく様は圧巻。そして最後には金属とオイルの焼けこげる匂いが風にのりやってくるのだ。(クラシックカーのそれとは異なるところがまたよい)

Ferrariのお膝元、Ferrari tifosiの熱狂的な雰囲気に囲まれながら、スピード、音、風、匂いに酔った最高の観戦であった、感謝!!


予選、レースの模様はTV中継されるので、そのほか


R0017111
熱狂的なTiffosi
ファインダーを向けると、お前も一緒に入れ!との指令。酔っぱらいTiffosiは愛嬌も満点。


R0017106
往年の名勝負が繰り広げられた旧バンク
オールドファンは見逃せない必見ポイント、やっぱりコースを歩くこともおすすめです。


R0017118
KUB・ICA Tシャツを着て応援するファン
サーキット帰りでは大きな大きなポーランド旗を持っていたファンに遭遇。KUBICAネタで話しかけると大喜び(←こちらも酔っぱらっていました)

Team Finlandというグループも
「Raikkonen?」と聞くと、「ほかにKovarainenもいる、そしてハーフだけどRosebergもそうだ」と!いいオヤジでした。


R0017110
こちら連なったFerrari応援旗


R0017108
ただいまチャンピョンシップをリードするJenson応援するJenson野郎も


R0017143
予選中には目の前でこんな光景も・・・
KUBICAは今年8機目のエンジンがブローとのこと、大変です。


R0017157_2
レース好きな私は予選後に行われるGP2レースも観戦
しかし、レースの時間が近づくに従い薄暗い不穏な空に。そしてとうとうスタートを待たずゲリラ豪雨到来! 雨のサーキットは散々であることは周知の事実。
まるで夕闇、その後は40分雨宿りの後、GP2のスタートを観戦後Monzaを後にしたのでありました。雨のサーキットは足下がね・・・

|

« Mont VentouxとTour de France | Main | Elio Zagato passed away »

Comments

つくづく。。。

羨ましい〜記事でございますぅ。。。
一度はこの目で直接観てみたい...と、思いつつ。
いつかはモンツァに行ってみたいです。

レース外の...コース周辺の景色。
雰囲気がビンビンに伝わって来ます。
ありがとーございました ♪

Posted by: ghie | 2009.09.14 at 22:53

marcue様>ホースインデイアが何故に急に速くなったのでしょうか?。昔であれば、H.アートルのHEYCOヘスケスでしたか?が、急に二番手!何て大ニュースですよね。これまた昔のベルギーGPで、J.イクスがF2でF1を抜いてしまった!何て言う事も凄い事でしたが。昨日に戻りますが、ハミルトンが最終でこけなければ,スーテイルが表彰台だったかも分かりませんね。

またまた30年前で恐縮ですが、あのピーターソンが亡くなったイタリーGPを,ミュンヘンで見ておりました。クラッシュして、そこに飛んで行ったのがギブリの消防車?だったんですよね。これは以前にも書きましたが。あの時,まさかピーターソンが亡くなるとは思いませんでした。私は当時このGPを見た後に、夜行列車でZAKSPEED取材の旅に出ました。今考えれば,凄い事をしていましたね。因にその頃のZAKは、Mampe CAPRIになっておりました。ファクトリーでは、H.へイヤー氏にお会いしました。そしてその後のニュルブルクでは、故ロルフ.シュトムレンが、セリカターボ(ローデンシュトックカラー)をテストしておりました。サインを頂きましたが,そのサイン帳を紛失!。あ〜、またあんな事やってみたいですね〜。

Posted by: 大内 誠 | 2009.09.14 at 23:24

こんにちは!
しかし本当に同じような座席だったのですね。(笑
三日間の通しチケットなので、我々もローマに行く
予定が無ければ予選もいたのですが・・・残念!
予選もなかなか面白そうでしたね。^^
本戦は色んなところで見れるだろうからと、ワタシも
モンツァ記事はネタ関係を中心に書いたのですが、
marcueさんの記事と比べるとゆるすぎ・・・(--;)
もっと真剣に書かないとですよね、ハイ。

来年は鈴鹿かなあ。(笑

Posted by: coniglia | 2009.09.15 at 08:16

ghieさん
是非、一度は行ってみてください。
日本から観戦にいらした方とお話ししましたが、皆さん「感動した!」と
観客がなだれ込む一体感はイタリアGPしか体験できませんよ(→私は未だ体験したことないけど・・・) またレース外、サーキット内の興奮度もイタリアは他よりも上と感じます。


大内さん
今年のF1は摩訶不思議ですね。しかしForceIndiaが速くなったり、どん底を喘いでいたMcLarenが速くなったりで下克上や、毎戦勢力分布が変わって見る方には molt beneであります。その昔起こった下克上話は現代F1では、絶対に起こりえないと考えていたものですから、同時に驚かされています。
ピーターソンは不運でしたね。しかし、Zakspeed取材は私もやってみたい!私のZakaspeedは亜久里であり、YAMAHAであり、DTM Mercedesなのです。かなり時代が違いますねっ(笑)
あ〜、往年のCarrozzeriaを巡る旅なんて面白そうです。


Conigliaさん
そう、同じような席だったようですね。2007年、2009年とニアミスばかりですね。実はあの写真、、、、「あっ、私もこの近くの席だったなぁ〜、友人写っているかな〜」と思っていたのです。その後、Sala Conigliaを拝見し「あれっ・あれっ・あれっ〜」と思った次第。予選は良かったですが、その後のゲリラ豪雨には参りました↓↓↓ ネタin Sala Conigliaは楽しく読ませてもらいました。Grazie

Posted by: marque | 2009.09.15 at 20:00

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/46202984

Listed below are links to weblogs that reference Formula 1 Gran Premio d'Italia:

« Mont VentouxとTour de France | Main | Elio Zagato passed away »