« August 2009 | Main | October 2009 »

2009.09.29

興奮のサイクルロード世界選手権!

R0017381_2

全てが新鮮で興奮のサイクルロード世界選手権!

日本人選手の活躍で盛り上がったTour de FranceをVerbierで観戦して以来、サイクルロードレースをよくみている。以前はテレビでTDFくらいしか放映していなかったので、自ずと有名選手を追いかけるというような観戦の仕方だった。しかし、時代は変わってCSチャンネルさえ選択すれば多くのレースを観戦できるし、専門的な解説やインターネットの普及もあってファンにはたまらない。おかげで最近のロードレース事情もフォローできるようになってきた。

嵌ってから改めて感じることは、全てが新鮮なこと。見ること、聞くこと、感じること、全てが初めての連続で、この感覚が何とも楽しいのである。
加えてラッキーなことにイタリアは自転車強豪国のひとつ、ここに住んでいるならレースを観戦しに行かぬ手はない!

今年のロード世界選手権開催国はスイスのMendrisio。
実はこのMendrisio、コモ湖の隣という位置で飛行機なら、ミラノのマルペンサから向かうというくらいイタリアに近い。(昨年はVarese、今年はMendrisio開催と、国は違えど隣町のようなもの。イタリア、スイスは強豪国だけど、あまりに頻繁に開催されていてずるくない?)という訳で日本代表選手、新城幸也選手、別府史之選手、西谷泰治選手の応援に出かけた。


さて素人ロードレースファンによる実況というよりは、レース以外の雰囲気で感じたことをありのままレポート.


Continue reading "興奮のサイクルロード世界選手権!"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2009.09.24

PasseggiataはDoumo

R0017262

日曜朝はDoumoまで散歩=Passegiata!

先週の週末は、Ferrari Club Milano主催のツーリングがDoumoでスタートするというので、久々にMilanoの中心地まで足を伸ばしてみました.夏のバカンスでクルマ趣味からも遠ざかっていましたし、暑さも去ってそろそろイベントシーズン再開! 個人的に大きな期待もせずリハビリ感覚の見学.

Doumoに到着すると既に多くのFerrariが並び周りは厳重な柵、その周りは多くの人垣.おまけに白バイまで出動しパトロール中.通常、街の中心に並べたりしますとこのような措置がとられることもありますが、ここはMilano、車両がFerrariですから仕方ありません。

R0017232
軽い気持ちで散歩に来たつもりが、目の前にクルマを並べられると、やっぱり「じっくり見てみたいなぁ」という気もしますし、写真も撮りたい.そんな欲望が車両の入り口にあたるDoumo裏側にまで足を伸ばさせたのでした.
しかし、そこでも参加者以外はとても中に入れそうにない雰囲気.おまけに私は邪魔だったのでしょう.「プー、プップップッ」とホーンまで鳴らされる有様.

ところが・・・・その後、ホーンを鳴らしたクルマからでてきたオーナーは、なんとMつながりな友人! 「プー、プップップッ」は邪魔だったのではなく挨拶だったよう.思いもよらず久々に再会となった友人と共に柵の内側に足を踏み入れ、互いの近況を語りあったのでありました。

Continue reading "PasseggiataはDoumo"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2009.09.19

Zagato Milano 1919-2009

R0017218

先日、Elio Zagatoが残念ながら逝ってしまったばかりだが、時を同じくしてZagato創立90周年を記念した写真集を頂いたのでここに紹介してみたい。

その内容は、これまでに手がけた歴代のZagato車とZagatoに関係の深い人物を紹介するもの。極初期に関わった飛行機に始まり、車両は1925年AlfaRomeo RL SS Zagatoに始まり2008年のBentley Zagatoまで、人はUgo, Elio, Gianni, Andrea Zagatoファミリーはもちろんのこと、過去から現在に至るイタリア自動車界の伝説的、歴史的人物、重鎮までと非常に興味深い内容でまさにZagatoの歴史書という趣。
巻頭では、現在のZagatoを率いるAndrea Zagatoのキャリアが紹介されており、そこには様々な人物が登場するところが興味深い。キャリア初期CADモデリングのセットアップでは、Beppe Bizzarini (Giotto Bizzariniの息子)が関わっていたり、仕事およびプライベートのパートナーであるMarellaは、Renzo Rivoltaの孫であったり、随所にイタリア自動車界の繋がりを感じることもできる。

Carrozzeria Zagatoは90年という歴史を持ち、現在に残る名門Carrozzeriaの中でも伝統的な存在である。飛び抜けて有名なPininfarinaの創業は1930年、Giugiaro率いるItaldesignは1968年で、唯一Bertoneが1912年の創業でZagatoよりも古い(Touring-1926, Boneschi-1919など消滅、もしくは一度消滅したCarrozzeriaに同年代創業が多い,Milanoの名門Castagnaは1849年創業と飛び抜けて古い)。

MIlanoに本拠を構えるゆえにAlfaRomeoとの結びつきも深く創業以来数多くの歴史的なAlfaRomeoを手がけ、ファクトリーもAlfaRomeoとシンクロするようにPortello, Areseと一緒に移ってきた。

個人的にZagatoをテーマに思いを巡らすと、戦前のAlfaRomeo 6C GranSport Zagato, 戦後のAlfetta 159、Lancia, Ferrari, Maserati, AstonMartinなどFuoriSerieを数多く手がけた50-60年代、80年代のAlfaRomeo SZ、そしてAstonMartin DB7 Zagato, Ferrari 575GTZなど現在の印象が大きく、どれも惹かれるが正直なところ。

Continue reading "Zagato Milano 1919-2009"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2009.09.16

Elio Zagato passed away

Elio_zagato

Milanoの名門Carrozzeria Zagatoを率いていたElio Zagatoが逝ってしまった。

Elio氏はCarrozzeria Zagatoの創始者Ugo Zagatoの息子で、戦後すぐからUgo ZagatoによるZagato GranTurismoを操ってレースを戦った代表的なジェントルマンドライバーであった。

レーサーであるとともに、早くからスペシャルボディーGTの重要性に気づき、当時 Carrozzeria ZagatoだけでなくデザインCarrozzeria界を牽引してきたひとりといえるだろう。

Milanoの名門、Scuderia Sant Ambroeusを起こしてジェントルマンドライバーの活躍の場を作ると同時に、GTでは、Fiat 8V Zagato, AlfaRomeo 1900SSZ, Ferrari 250GTZ, A6G Zagato, AstonMartin DB4 GTZなど、現在のコレクターカーばかりを開発し、これらを操ったドライバーもAscari, Fangio, Nuvolariというビックネームが名を連ねたのだ。60年代にはErcole Spada氏とともに、AlfaRomeo SZ, TZ, TZ2, Lancia Appia, Flavia, Flaminiaなどを世に送り出した。

Avus1
また自身も積極的にレースに参加し、TargaFlorio, Coppa Intereuropaなど計82もの優勝を飾ったという。


88歳という年齢とはいえ偉大なジェントルマンレーサーが逝ってしまったことは悲しい。
天国では往時のようにZagato GranTurismoを楽しくドライブしているだろう。

(写真はZAGATOより)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.09.13

Formula 1 Gran Premio d'Italia

R0017122

7月以来のクルマネタ

ヨーロッパラウンド最終戦、F1 イタリアGPに行ってきました
友人の好意によって予選を観戦に!

観戦したのは第一シケインアウト側のシート
シートにつくと目の前にはメインストレート後半340km/hからのブレーキングアプローチ、シケイン進入、Roggiaへの加速まで見渡せる、加えてコースを挟んだ向こう側にはモニターが設置され、瞬時に予選の順位がが把握出来るという素晴らしいロケーション。

R0017133
Monzaサーキット最大の追い越しポイントは何といっても第一シケイン。
今回は予選なので壮絶な追い越し合戦はみることはできませんでしたが、近代F1は予選順位が最重要。ゆえに予選アタック時はコースオーバー、シケイン直進などドライバーの気合いを感じることができた。そして圧巻はそのエキゾーストサウンド、「パァン・パァン・パァン・パァン」と瞬時に決まってゆくシフトダウン、加速時にはトラクションコントロールの「バァッバァッバァッバァッ」というサウンドを巻き散らしながら加速してゆく。おまけに予選ではタイヤに熱を入れるために恐ろしいような超高速蛇行運転でコーナを立ち上がってゆく様は圧巻。そして最後には金属とオイルの焼けこげる匂いが風にのりやってくるのだ。(クラシックカーのそれとは異なるところがまたよい)

Ferrariのお膝元、Ferrari tifosiの熱狂的な雰囲気に囲まれながら、スピード、音、風、匂いに酔った最高の観戦であった、感謝!!


予選、レースの模様はTV中継されるので、そのほか

Continue reading "Formula 1 Gran Premio d'Italia"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »