« October 2009 | Main | December 2009 »

2009.11.30

Cima Coppi

R0016664

偉大なサイクリストFausto Coppiはご存知でしょうか?

現在のサイクリスト界のチャンピョンといえばArmstrong, その前はIndurainなど、サイクリスト界にはこれまで多くのチャンピョンが存在してきた。ところがその中でも、Campionissimo, champion of championsといわれるのは、Fausto CoppiとEddy Merckxの二人だけ。特に若くして亡くなってしまったイタリア人サイクリストCoppiは未だにイタリアサイクリスト界の英雄として未だ君臨し続けている。

Fausto Coppiが活躍したのは1940年代から50年代にかけて。
クライミング、タイムトライアル、スプリント、どれをとっても飛び抜けた才能を有し多くのタイトルを奪取した。
CoppiはGiro d'Italiaを5回、Tour de Franceを2回、世界選手権を1回、Giro di Lombardiaを5回、Milano-Sanremoを3回などを筆頭に蒼々たる成績を残している。

現在、3大グランツールといわれているのは、それぞれフランス、イタリア、スペインを舞台に繰り広げられるTour de France、Giro d'Italia、Vuela a Espana。このなかで山に険しいステージ多く持ち、最も厳しいといわれているのがGiro d'Italiaである。毎年、そのGiro d'Italiaの最高地点をCoppiに敬意を表してCima Coppiというタイトルが名付けられ、それを奪取したライダーは一生の名誉として誇れるのだ。

Continue reading "Cima Coppi"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2009.11.22

今年最後のNovegro MostraScambio

R0018088

もう先週末のことになってしまったがMostraScambioを訪れた。
NovegroのMostraScambioは年に3回行われるが、年末イベントが一番大きい。この週末は雨だったことから、いくべきかどうか躊躇していたが、結局日曜日の昼頃会場に向かった。

昨年の同イベントで一緒した2人の友人は共に今年new babyが誕生した(AUGURI!!)ので、今回は一人で散策の予定。
しかし「もしかして・・・」と会場からTELしてみると「今、Novegroですよっ」と! やはり皆考えることは同じで、結局昨年と同じメンバーで楽しく会場散策となったのでありました。

今回はあまり写真を撮らなかったので、実はblogはスルーしようと思っていました。

ところが、お気に入りblogのひとつである「Bar Giulietta」で、Max Huber作 1963 Gran Premio d'Italiaのポスターが紹介されていまして、たまたまこの作品をNovegroでファインダーに納めていたので、ここでも紹介することにしました。(Max Huber氏についてはBar Giuliettaで→こちら
それがこのトップ写真。

Bar Giuliettaのフォルギエリさんのところで紹介されていたGran Premio d'Italiaのポスターデザインを色違いで何種類か作製し、1960, 1961, 1962, 1963, 1964, 1965年のAutodromo Monza Year Bookの表紙としても採用したもの。内容はYear Bookゆえにその年のMonzaでのレース結果や広告など。多くの貴重な写真に加え、その年に限らないサーキットの歴史を紹介していたりしてとても興味深いAutomobiliaでした。

Continue reading "今年最後のNovegro MostraScambio"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2009.11.16

「MES 578 GRANDS PRIX DE FORMULE 1」
「ジャビーズ・コラム最終章」

Gjc_2

古くからのF1ファンには怒られてしまいそうですし、ここを訪れてくれる方々にはご存知と思いますが、有名なスイス人モータースポーツジャーナリスト、Gerard Jabby Crombac氏のことはご存知ですか?

私が中学生の頃、モータースポーツに興味を持ち始めCAR GRAPHICを読み始めた頃、そのモータースポーツ欄でコラムを書いていたジャビーズ・コラムは大ファンだった。いつも1日のCG発売日に書店へ向かって、まず最初にジャビーズ・コラムを読んでいたといっても強ち嘘ではないほど。彼の独特の切り口と辛口の批評が大好きだった。
その彼が病に冒され、突然CGの紙面で「病気のためにこれが最後の寄稿になる」というのを読んだときはとてもショックであったし、後にCGの紙面で亡くなったことを知ったときは「彼のユーモア溢れるコラムをもう読めなくなる」と思ったことだし、彼の死を随分と悲しんだものだ。

Gerard Jabby Crombac氏の自伝「MES 578 GRANDS PRIX DE FORMULE 1」(写真左)が2007年に出版されたが、その日本語訳版「ジャビーズ・コラム最終章」(写真右)が今年始めに二玄社から発売された。これは購入しなければならないし、次に日本に帰った際には是非読もうと思っていた。ところがなかなか帰国する機会がないゆえ、忘れてはいないながらも記憶の片隅に追いやられていた。

ところが、最近お気に入りblogのひとつ「小川フミオ的仕事」で「ジャビーズ・コラム最終章」が紹介されたことがきっかけとなってGoogle検索してみると、日本語版を翻訳された柴田久仁夫氏のblog記事にたどり着くことなる。両氏の記事にもJabby Crombac氏の小さなエピソードが書かれており、それが益々真っ先に読んでいたジャビーズ・コラムを懐かしく思い起こさせた。

そうなると、どうしても読んでみたいとう欲望は益々強くなり、しかし手元になく・・・ 
週末、Novegroで行われた今年最後のMostra Scambioでもオリジナルのフランス語版か英語版(存在するのか?)を手に入れるためで奔走したが、在庫なくあえなく帰ってきた。只今ひとまずフランス語版を手に入れるのか否か?思案中!

やっぱり気楽に読める日本語版もいつかは手に入れたい。
本当なら、オリジナル言語と日本語版の両方が一番良いのですけど・・・

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2009.11.10

Tjaarda Design訪問

R0017985

順序が逆になってしまったが、先のTORINO半日観光の午前中はTjaarda Designを訪問した。本当はこちらが目的でTorinoを訪ねたのだった。

日曜日の早朝Milanoを出発する。知人と待ち合わせた後、典型的な冬の北イタリアを思わせる霧の中、これから会うことになるTom Tjaarda氏とどんなことを話そうか?と些か緊張、興奮しながらTorinoへクルマを走らせた。

Torino Porta Nuova駅からほど近い中心街の一角、約束の時間に彼のスタジオを訪問すると、日曜日にも関わらずTom Tjaarda氏は優しく我々を迎え入れてくれた。

このblogを訪れる方はご存知かもしれないが、改めてTom Tjaarda氏のことを簡単に紹介しよう。「Tom Tjaardaのデザインは?」と聞かれて一番有名なのは、やはり70年代スーパーカー時代にデザインしたDeTomaso Panteraではないだろうか?そのためかTjaardaというとDeTomasoという印象が強く残っている。しかし、Tjaarda氏はそれに留まらず、これまでに素晴らしいクルマを多くデザインして来ている。

現在でこそPasadenaのArt Center Collegeなど自動車デザインの学校があるが、Tjaarda氏の学生時代はそんなものは存在しない頃。当時、自動車デザインに従事していた人たちは皆建築を学んでいたようだ。例に漏れず氏もデトロイトで建築を学んでいたのだが、クルマ好きが源となって授業のプログラムでSports Station Wagon Modelを製作した。スポーツワゴンなどという言葉やコンセプトなどは当然のごとく存在しない時代の話である。大学指導教授がTjaarda氏が製作したそのモデルカーをGhiaに紹介したところ、凄く気に入られ1958年にイタリアに渡りGhia入りすることとなる。

Continue reading "Tjaarda Design訪問"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2009.11.07

TORINO半日観光!?

R0018021

実は、、、先週末Torinoに出かけてきました。
午前中はTorinoの中心地を訪れ、その後はまさに「Torino半日駆け足観光!」

普通、Torino観光といえば、王宮を見学したり、Po川のほとりを歩きいたりすればイタリア統一後初の首都となった古都を感じることができるはず。ところが、、、その日は生憎日曜日、そのうえ祝日ということから、ほとんどのお店は閉店していて全滅状態。街の風景も普段の日曜日と異なっていたため、我々がとった行動はまたひと味違うものなのでありました。

その行程とは・・・
FIAT500が造られた旧FIAT Lingotto工場跡見学を筆頭にTorinoクルマ遺跡巡りといった様相、しかも肝心の内部には一切入らず外観のみの見学というもの。しかしこれが結構楽しかったのであります。

まず最初に訪ねたのはあの有名なLIngotto工場跡、すぐ側にあるイタリア総合食料品店、EATLYは何度も訪ねているし、Lingotto横も何度も通っている。しかし、なぜかこれまでに一度も訪ねたことはなかった。
Lingotto工場の操業は1923年、今から遡ること86年も前のこと。そしてLingotto工場内には当時近代的な生産ラインが設置され、その屋上はオーバルコースを設置しそれがテストコースとなっていたのだ。これまですれ違っていたばかりのLIngottoテストコースをとうとう訪問。かなり急勾配なバンクは片側にレンガ、片側はアスファルトが敷き詰められていた。バンクを登るのもなかなか大変であったし、登ってみると内外にかなりの高低差を感じる。本当にここをFIAT 500が走っていたのかと思うとついつい感慨深くなってしまった。


Continue reading "TORINO半日観光!?"

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2009.11.05

MOTO MASERATI

Img_2058

Maseratiをテーマにしたblogなので、たまには我らがModenaseブランドの話しを・・・

Maseratiは戦前からプラグやバッテリーを製造していました。加えて1950年代後半から1960年にかけてバイクも製造していたのはご存知ですか?

AUTO E MOTO D'EPOCAでMOTO MASERATIブースがあり、そこには往年のMOTO MASERATIとプラグや当時の広告などのノベルティーが!! 
今回はそのMOTO MASERATIとそのノベルティーを紹介してみます。


Img_2062
Maseratistaの私にとっては珍しいものばかりで、ついついブースで長居してしまった。
トップページの写真はエンジン、これ単体でオブジェになるほどのCOOLさ!エンジンブロックにTRIDENTEマークが貼付けられ、思わず凝視してしまったのはいうまでもない。すぐそばにあるマニュアルもいい味でてるでしょ!


Continue reading "MOTO MASERATI"

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2009.11.03

AUTO E MOTO D'EPOCA 2009 その3

Img_2105_2

次はクルマ関係のパーツや小物から、超個人的選択で面白そうなものを紹介します。

あるお店のエンブレムコーナー
往年のカーブランド、Carrozzeriaなど盛りだくさん
ここに写っているのだけで、Pininfarina, Bertone, Allemano, Zagato, Touring, CLUB ITALIA, Dino, Scaglietti, Nardi, Lancia, AlfaRomeo. Canta, Viotti, Osella, Coriasco, Conrero, OM, Ceirano, Serenissima, Bizzarini, Sancitis, Spa, Siata, Porsche, ASI, DeTomaso, Lotus, Diatto, Cooper, Ghia, Abarthなど。
同じブランドでも、サイズが違ったりデザインが違ったり、バージョン違いも多くある。本当に欲しいものばかりで、いくらあってもお金がたりません。


Continue reading "AUTO E MOTO D'EPOCA 2009 その3"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »