« 「MES 578 GRANDS PRIX DE FORMULE 1」
「ジャビーズ・コラム最終章」
| Main | Cima Coppi »

2009.11.22

今年最後のNovegro MostraScambio

R0018088

もう先週末のことになってしまったがMostraScambioを訪れた。
NovegroのMostraScambioは年に3回行われるが、年末イベントが一番大きい。この週末は雨だったことから、いくべきかどうか躊躇していたが、結局日曜日の昼頃会場に向かった。

昨年の同イベントで一緒した2人の友人は共に今年new babyが誕生した(AUGURI!!)ので、今回は一人で散策の予定。
しかし「もしかして・・・」と会場からTELしてみると「今、Novegroですよっ」と! やはり皆考えることは同じで、結局昨年と同じメンバーで楽しく会場散策となったのでありました。

今回はあまり写真を撮らなかったので、実はblogはスルーしようと思っていました。

ところが、お気に入りblogのひとつである「Bar Giulietta」で、Max Huber作 1963 Gran Premio d'Italiaのポスターが紹介されていまして、たまたまこの作品をNovegroでファインダーに納めていたので、ここでも紹介することにしました。(Max Huber氏についてはBar Giuliettaで→こちら
それがこのトップ写真。

Bar Giuliettaのフォルギエリさんのところで紹介されていたGran Premio d'Italiaのポスターデザインを色違いで何種類か作製し、1960, 1961, 1962, 1963, 1964, 1965年のAutodromo Monza Year Bookの表紙としても採用したもの。内容はYear Bookゆえにその年のMonzaでのレース結果や広告など。多くの貴重な写真に加え、その年に限らないサーキットの歴史を紹介していたりしてとても興味深いAutomobiliaでした。

R0018090
特徴的なアーモンドタイプでもありませんし、いったいどのようなものなのでしょう? 不思議なのはバイク屋さんにあったので、これも先日紹介したMOTO MASERATIものか? 
MASERATIの三鉾デザインを旧いものをくらべると、現在のものはデザインが随分と簡素化されシンプルになっています。昔はこういうところも手間をかけていたんですね。


今回は僅か4枚しか写真を撮らず、うち2枚はピンぼけ。
Bici, Motoと興味深いものも多くありましたが、MostraScambioはまた来年かなぁ〜

|

« 「MES 578 GRANDS PRIX DE FORMULE 1」
「ジャビーズ・コラム最終章」
| Main | Cima Coppi »

Comments

この様なイベントが、各地で度々開催される。
やっぱり根底にある文化の違い。
そして文化度の差 ← ここまで言って良いのかな?
marqueさんの発信される記事、毎回本当に楽しみにしてます。

でぇ。。。"TRIDENTE"
ですよねぇ...最近のモノは、かなりシンプルなデザインに変更されちゃってますよね。
何となく、寂しさを感じていたのですが。
やっぱり僕だけじゃなかったんだ。

あ。
1963年のポスター。
僕と同い年〜(* ̄∀ ̄)"b"

Posted by: ghie | 2009.11.23 at 09:34

わ〜!モンツァのイヤーブックのシリーズ欲しいです!!!

Posted by: F105L | 2009.11.23 at 22:13

ghieさん
MASERATIネタには必ずコメですね(笑)ありがとう。
この種のイベントは毎週どこかでという雰囲気ですね。実いうと個人的にはMIlano近郊で開催されるもの以外は行ったことがないのです。ほかはどんな感じなんでしょう??
フロントエンドのアーモンド型バッジも同じようにシンプルになっていきますね。エンブレムのデザイン変更は納得できるけど、やっぱりフロントに輝くエンブレムは金物でないとねっ! プラスチッキーだと、かなりガックリきちゃいます。プレミアムカーなんだから、重要なところには今後もお金をかけてほしいですよね〜
>同い年〜(* ̄∀ ̄)"b"
次は同い年のクルマをどうぞぉ〜〜


F105Lさん
こちらに限らず、あちらでもコメありがとうございます。
Monzaイヤーブック、もしかするとフォリギエリさんはお持ちかも・・・(←可能性ありますよね!?)
これって、当時しかなかった代物なんでしょうかね? そのあたりは判りません。

Posted by: marque | 2009.11.24 at 00:52

毎日の様にあった秋のイベントも、だいぶ収束へ向かって来ました。今週末はトヨタ博物館主催の旧車と触れあう会が、絵画館前であります。昨年が一回目で,トヨタは若者の車離れを心配して、急に思い立った様に始めたのだが、当初は海外から有名テイームやVIPを招いて、ホテルでの豪華前夜祭も企画していたようだ。しかし、あのリーマンショックで,全てキャンセル!。当時の会場の関係者は「いや〜,今日出来ただけ良かったですよ!。」すべてこれですよ。F1思考もこれに近い!。アルファなんて潰れそうな時に何年もF1を続けていた。やはり文化の違いですかね。marcueさん、もう少しそちらにいたいのではありませんか^^。しかし、日本も恋しくなる頃ですよね。友に会いたくなるんですよね。それではお元気で。

PS マイケルジャクソンのThis is itは、ご覧になりましたか?。良かったですよ。

Posted by: 大内 誠 | 2009.11.25 at 09:42

大内さん
コメントありがとうございます。
日本の冬は天気がいいのでイベントも心地よいでしょうね。ヨーロッパの冬はご存知の通りどんより曇って雨ばかり、夏の青い空が既に恋しいです。
日本もイベントが増えましたね!イベントの数はもう負けないくらい多くありますねっ! 私も帰国後は久々にmy carで楽しんでみたいです。絵画館前にも行ってみたいなぁ〜 
もう少しヨーロッパにいたいと思いますが、それより問題はヨーロッパ化したスタンス(特に休日!)で日本に帰って対応できるか否か?そちらのほうが心配です。

Posted by: marque | 2009.11.26 at 05:03

marqueさん

ご紹介頂いて恐縮です。ありがとう御座います。
Monzaのイヤーブックの表紙はフーバー・デザインで
1974年ぐらいまであったと思いますよ
Ebayなんかでもたまに出ていますが、やはり、現地の
Mostra Scambioで見つける事に醍醐味があると思います
モノにもヒストリー?は大切ですよね

Mostra Scambioまた行きたいです!
現地だと色んな人が次の何処かしかのMostra Scambioの
チラシを沢山配っていますよね
最近、Manovella誌を購読しているのですが、広告を見て溜息をついています(笑)
Auto & Moto関連以外のMostra Scambioへも行ってみたいです
これは女房の希望です

Posted by: フォルギエリ | 2009.11.27 at 13:02

フォルギエリさん
コメントありがとうございます。
1974年くらいまで、ずっとフーバー・デザインで存在したのですか?知りませんでした。
お持ちではないのでしょうか?

MostraScambioはクルマに限らず、お宝からゴミのようながらくたまで・・・人それぞれでいろいろな楽しみ方が出来るので、それが楽しいと感じています。
そうそう、クルマ以外にも面白いものがいろいろあるんですよねぇ〜。 アンティークからミリタリー、ほかいろいろ・・・ ちょっと興味本位で覗いてみたいと思うものはおおくあります(笑)

Posted by: marque | 2009.11.27 at 21:30

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/46832872

Listed below are links to weblogs that reference 今年最後のNovegro MostraScambio:

« 「MES 578 GRANDS PRIX DE FORMULE 1」
「ジャビーズ・コラム最終章」
| Main | Cima Coppi »