« MOTO MASERATI | Main | Tjaarda Design訪問 »

2009.11.07

TORINO半日観光!?

R0018021

実は、、、先週末Torinoに出かけてきました。
午前中はTorinoの中心地を訪れ、その後はまさに「Torino半日駆け足観光!」

普通、Torino観光といえば、王宮を見学したり、Po川のほとりを歩きいたりすればイタリア統一後初の首都となった古都を感じることができるはず。ところが、、、その日は生憎日曜日、そのうえ祝日ということから、ほとんどのお店は閉店していて全滅状態。街の風景も普段の日曜日と異なっていたため、我々がとった行動はまたひと味違うものなのでありました。

その行程とは・・・
FIAT500が造られた旧FIAT Lingotto工場跡見学を筆頭にTorinoクルマ遺跡巡りといった様相、しかも肝心の内部には一切入らず外観のみの見学というもの。しかしこれが結構楽しかったのであります。

まず最初に訪ねたのはあの有名なLIngotto工場跡、すぐ側にあるイタリア総合食料品店、EATLYは何度も訪ねているし、Lingotto横も何度も通っている。しかし、なぜかこれまでに一度も訪ねたことはなかった。
Lingotto工場の操業は1923年、今から遡ること86年も前のこと。そしてLingotto工場内には当時近代的な生産ラインが設置され、その屋上はオーバルコースを設置しそれがテストコースとなっていたのだ。これまですれ違っていたばかりのLIngottoテストコースをとうとう訪問。かなり急勾配なバンクは片側にレンガ、片側はアスファルトが敷き詰められていた。バンクを登るのもなかなか大変であったし、登ってみると内外にかなりの高低差を感じる。本当にここをFIAT 500が走っていたのかと思うとついつい感慨深くなってしまった。


R0018033
旧FIAT LIngotto工場前にFIATの会社は残るものの、工場自体は既に閉鎖されショッピングセンター、またホテルとなっている。その改築を手がけたのは、有名な建築家Lenzo Piano。


R0018031
現在のモチーフは写真にある有名なガラス張りの部屋。きちんと部屋みたいになっているようですが、どのように使われているのでしょうか?(笑) 
でもクルマ好きならあの近くにいくだけで、何となく感じるものがある。


R0018039
コース全景
こちらはアスファルト、向こうはレンガ、石畳を想定したものか? ここではいつくらいまで本当にクルマが走っていたのだろうか?


R0018024
バンクを登る私!曲芸風!?


R0018044
その後はFIAT発祥の地となり現在は非公開博物館となるFIAT Centro Storico
しかし、ここも通常は非公開のうえ休日なので外観のみ。建物のうえに掲げられたFIATという文字が誇らしげ。おまけにバルコニーの鉄枠までFIATと入っていて、全てにおいてブランドを誇示していたことが感じられた。


R0018049
次いで向かったのはFIATグループ最大のショールーム、Mirafiori
通常、ここは日曜日も営業しているが、当日は休日のためお休み
よってここも外観のみ! あー残念。


R0018051
休みだったので気づかされたのはこの看板!
「Non vendiamo automobili. Le creiamo su misura per noi」
「私たちはクルマを売るのではありません。あなたのために、あなたのクルマを一緒に考えましょう」という言葉。日本ではなかなか言えないウィットが効いている。


R0018053_2
隣はMirafiori cafe
ここももちろん休業中(笑)


R0018059
次はCorso Marche
つまりABARTH発祥の地、ショールームの壁には過去の栄光!


R0018064
一度はショールームの中にも足を踏み入れたいと思っています。


R0018066_2
折角だからということで、ITALDESIGN, Giugiaroにも足を伸ばしてみました。
初めて訪れたのですが、門の外から僅かにコンセプトカーがみえる!! なんとも歯がゆい初訪問となってしまいました。次回、リベンジしたいと思います。


R0018073
一日の締めはPininfarina
夕方暗くなる頃訪れたPininfarinaは残念ながら門を眺めただけ・・・


フラレ続けたTorinoクルマ巡り、日曜日の午後でした。
つづく

|

« MOTO MASERATI | Main | Tjaarda Design訪問 »

Comments

PS
以前訪れたときの分
興味ありましたら
1)Mirafiori
http://marque.air-nifty.com/blog/2008/08/post_4398.html
2)ABARTH
http://marque.air-nifty.com/blog/2008/08/2_5e97.html
3)Pininfarina
http://marque.air-nifty.com/blog/2008/11/3pininfarina-e0.html

Posted by: marque | 2009.11.07 at 07:40

marcue様
なつかしいですね。私が行った時は、一月の終わりでしたが、好天に恵まれて、暖かかったです。私は、一日半でしたが。

フィアットのキャプションは、なかなかしゃれていますね。日本のメーカーさんにも見せたい所。

ジウジアーロは行ってみたかったですね。IDEAは、外観だけ見ました。ほとんどは、チェコンプにおりました。

Posted by: 大内 誠 | 2009.11.07 at 09:52

 私の日記に対する仇を討たれましたね。これは行きたいところばっかりだ。私が節食のため実際には食べるところの記述が無いのに合わせて、すべて外観だけというレポート形態も泣かせます。
 是非、次は遠慮なく店内、館内、そして釣果のレポートをお願いいたします。楽しみにしています。

Posted by: moriwaki | 2009.11.07 at 10:19

きっと屋内に入ると一日ず過ぎるでしょうから、東京でいう「はとバス」の東京ツアーと同じですね(はとバス・ツアー色々なコースがあります)。これはこれでとても楽しいと思います。
次回のツアーは屋内版ですね。楽しいリポート待っています。


Posted by: イノウエ | 2009.11.07 at 13:02

やはりいいですね!
またトリノへ行きたくなります。
私の行ったときのブログはこれです。
http://cardesign.exblog.jp/6565865/
ほぼ同じものを見てますね。
フィアットは中に入りましたが・・・

Posted by: F105L | 2009.11.07 at 17:31

TorinoのWindow shoppingといったところでしょうか。
ちょっと残念でしたね。
Fiatのテストコース、そんなにいろいろな路面になっているなんて知りませんでした。おもしろ〜いmotorsports

Posted by: topo | 2009.11.07 at 23:06

大内さん
我々のTORINO観光は典型的な冬の天気、どんよりと曇っていました。しかし雨は降らず・・・!!(よい日頃の行い???)
今回、知人の希望でこのようなプランとなりました。一人ではこんなことは出来ないので、これはこれで楽しい一日でした。次に残る半日をレポートしたいと思います。


moriwakiさん
仇というわけではなかったのですが・・・ 
食べることのできなくなったところと、外からの見学のみと偶然かさなったみたいですね。私だって、本当は中も訪れてみたいです〜〜!! Mirafioriもラリー車の倉庫があることですし、ABARTHも2回足を運んで中には足を運ばず・・・(あぁ〜残念!)
ABARTHの昔と今
http://marque.air-nifty.com/blog/2008/08/2_5e97.html
Pininfarinaは中も訪れたことがあります。よけれがどうぞ!
http://marque.air-nifty.com/blog/2008/11/3pininfarina-e0.html


イノウエさん
知人の希望でしたが、楽しかったです。
本当なら、中まで見学したかったと思いますが、休日だったので仕方ありませんでした。いつかは屋内版やりたいですね。


F105Lさん
確かに同じようなコースですねっ!しかし105Lさんのパターンはその前後が素晴らしいですね。私もBertone博物館をいつかは訪ねたいと思っています。
本当トリノは奥深いですね。面白いです。


topoさん
この種の旅は自分だけなら出来ないので、知人がきてくれたお陰です。Lingottoも私は初めてで、一度は行ってみたいと思っていたところでした。
嬉しかった。。

Posted by: marque | 2009.11.07 at 23:38

リンゴットのテストコース、私が行った時はバンク手前に車止めが置いてありましたが、撤去されていますねー!車が上がっていくスロープ、鳩の巣になっていて汚かったですが、変わってないんでしょうねー?

Posted by: corse4 | 2009.11.11 at 06:45

corse4さん
こんにちは。JAPAN CUP満喫されたようですね!(うんっ、版が違うって・・・)

実は、エレベーターで上がったので・・・スロープは通りませんでした。スロープへの道は鍵がかかって行けませんでした。マニアとしては、スロープも制覇しておきたかったのですが・・・(笑)

Posted by: marque | 2009.11.11 at 07:27

あららー、確かにジャパンカップ満喫させていただきましたが、イタリア人が活躍しなかったのでチョットがっかり!それに今年は159で毎年通る山道入って行ったら幅が広くて草木で擦り傷がートホホ(磨きとコーティングで治りました。ミニはその時の代車でした)
リンゴット、ルメリディアンテックアンドアートに宿泊してオーバルに行くエレベーターのキアーベいただいたのですがエレベータールームが鍵で入れず仕方なくスロープから歩いて上がりました。開いているかいないか?調べずキアーベを渡すあたりがイタリアだなーと感じました!

Posted by: corse4 | 2009.11.11 at 08:09

corse4さん
こちらも大分寒くなり、クルマもバイクもシーズンオフでイベントはなくなってしまいました。地道に趣味道を満喫しています。チャリ友は、サイクロクロスのシーズンだぁー!と言っていますが・・・
エレベーターが何種類かあって、我々も迷いました。トラックにあがると日曜日だったので似たような人がいるらしく見学者が数人おりました。
適当なのはイタリアの真骨頂です。Don't mind!!

Posted by: marque | 2009.11.11 at 17:00

いつかリンゴットのホテルに泊まって
このオーバル・コースでジョギングするのも夢です(笑)
ホテルの部屋の照明器具もピアノのデザインで、"LIngotto"と言う名だったと思います
日本では確かYAMAGIWAで売ってましたよ

Posted by: フォルギエリ | 2009.11.14 at 00:44

フォルギエリさん
いいですね、そんな夢!! 
その朝はきっと目覚めもよくて気分よくジョギングできますね。照明器具も彼のデザインで、そんな名がついているんですか!? 私はロビーしか入ったことありませんが、なかなか素敵な雰囲気でしたよ。

Posted by: marque | 2009.11.14 at 07:47

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/46694635

Listed below are links to weblogs that reference TORINO半日観光!?:

« MOTO MASERATI | Main | Tjaarda Design訪問 »