« BORSA-SCAMBIO | Main | 2009年の○と× »

2009.12.24

Regalo di Natale "Maserati"

R0018337

Regalo di Natale 2009

クリスマスプレゼントは、Jürgen Lewandowski著 「Maserati」

クリスマスでライトアップされたMilanoを撮影したいと妻がいうので、数日前の今年一番に冷え込んだ夕方、マイナス5度の街へ出かけた。
流石に冷え込むので、クリスマスマーケットのホットワインで体を温めたり、お店で暖をとったりと何度も寄り道しながら散歩。


R0018250
途中、Corso Veneziaを通ったので、老舗の自動車専門書店 Libreria dell'Automobileに駆け込んだ。
クリスマス前の土曜日のせいか、店内にもかなりの人。久方ぶりの訪問でオーナーと軽く挨拶し、いつものように店内の書籍を散策する。

ここは世界で有数の自動車書籍店。毎回、興味深い書籍や新書をみつけては、ペラペラと眺めるのが慣例。しかし、いつもは目を向けてもすぐスルーしてしまうMaseratiコーナーにこれまで見たことのない書籍をみつけた。

Jürgen Lewandowski著 「Maserati」

興味本位で手に取り、こちらもペラペラと眺める。すると、まずドイツ語のみということに落胆。 しかし、その内容はMaserati誕生の歴史から、これまでのレーシングカーから最新のプロダクションカー、コンセプトカーまで全てを網羅し、そのページ数は704ページにも及ぶ超大作だった。
これまでに、その類いの本はいくつか存在するし、内容的にはオーバーラップするところもある。ところが、ずっしりと重い書籍のページを進めてゆくと、とても貴重で珍しい写真が何枚も登場して驚くと同時に、読めないにも関わらずついつい引き込まれてしまった。(しかし、なぜドイツ語!)

ドイツ語であることや、著者であるJürgen Lewandowskiの名前からもお判りのように、彼はドイツ人モータージャーナリスト。様々なコンクールやCOTYなどで審査員を務めるほど、この業界の第一人者。これまでにもMaseratiに関わらず多彩な書籍を出版している。

実は彼、大のMaseratiファン。
これまでにGhibli、Khamsinを乗り継いで、現在もGhibli Spyderを所有する。とくに現在のGhibli Spyderは何があっても手放さないと自他へ宣言するほど熱心なMaseratistaなのだ。(1台目のGhibliを手放した後に大後悔した経験から、固く心に誓ったよう)
なぜドイツ人である彼のことを知っているのか?
以前、彼がMaserati Club Japanにメッセージをくれた際、私が和訳を担当した。その内容はメッセージだけれども、半分くらいは氏の個人的な自動車遍歴といったもの。それがきっかけとなり、彼のことを詳しく知るようになり、それ以来、私が一方的に親近感を抱いているのだ。

実は勝手に親近感を抱いてから、二度ほど本人にお会いしたことがある。

彼はConcorso d'Eleganza、通称Villa d'EsteのJuryを務めているので、毎春Comoを訪れる。
2008年、偶然会場でみかけたので声をかけた。(ゲルマン系ドイツ人ゆえに身の丈も大きく幅もあって、すぐ判る。私は見上げる感じ、彼は見下ろす感じで、おまけに声のトーンも低くなんとなく威圧感を感じたことをよく覚えている) その時は彼もVIPを案内している最中で忙しく、僅か一言二言の会話を交わしただけ。しかし、今年2009年のVilla d'Esteでは、以前MCJに頂いたメッセージのことや、私が和訳を担当したことを彼と話した。Ghibli Spyderのことも尋ねると、即座に「絶対に手放さない」と、固い決意も未だ持ち続けていた。
その時に、「実は現在も新しいMaseratiの本を書いているんだよ、かなりの大作だよ!」と、教えてくれた。
今思うと、これがまさにその本なのだろう。

ドイツ語だから正直読めないが、写真だけでも素晴らしいものばかりなので、ホリデー中に感想とお礼の手紙をだしておこうと思う。英語版の依頼も忘れずに・・・

R0018249

これが私の2009 Regalo di Natale


PS
Maseratistaの皆様、ドイツ語ですが一見の価値あると思います。
クラシックファンは是非!

参考1 Jürgen Lewandowski著「Maserati」
参考2 art and car, Jürgen Lewandowskiホームページ
参考3 Libreria dell'Automobile、以前にもとりあげたことあります。興味があれば http://marque.air-nifty.com/blog/2009/10/la-libreria-del.html 

|

« BORSA-SCAMBIO | Main | 2009年の○と× »

Comments

marqueさん
こんばんは。
ドイツ語で書いてあるのですか?
全く読めせん・・、そのレアな写真だけでも見たいものです。因みにどんな写真が掲載されているのでしょうか?興味深々です。

Posted by: RYU | 2009.12.25 at 22:02

RYUさん
こんばんは。
返信が遅くなってすいません。こちらnataleのバカンスをつかって旅にでており・・・ようやく今晩帰ってきました。
そうなんです。少なくとも英語orイタリア語併記かと思ったのもつかの間、ドイツ語onlyで唸ってしまいました。
先日RYUさんのblogにコメントしましたAdolf Orsi...も貴重な写真満載でしたが、これも多いですよ! その写真はいつかおみせしましょう。

Posted by: marque | 2009.12.31 at 06:49

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/47065697

Listed below are links to weblogs that reference Regalo di Natale "Maserati":

« BORSA-SCAMBIO | Main | 2009年の○と× »