« alfa blue team | Main | Hobby Model Expo その2 »

2010.03.30

Hobby Model Expo

R0019492

日曜日午前中は最近惹かれているミニチュア目的にMilano NovegroのHobby Model Expoにでかけた。
詳しくないが、日本でいう静岡ホビーショーみたいなものか?

以前、一般向けのショーには出向いたことがあったが、今回のショーはプロ向け。それゆえ規模も少し大きくブースでは商談も行われていたり、いつもの小売店のブースに加えて、大小様々なメーカーがブースを構えていた。もちろん模型では最王手のひとつであるTAMIYAやKYOSHOのブースがあって、ここはいったいどこなのだろうか?と錯覚するほど。

AlfaRomeo 100周年を記念してか?車両の展示、多くのニューモデルが発表され、AlfaRomeoはMilanoが生んだ伝統あるブランドであることを実感する。

今回はAlfaRomeoとFerrariに焦点をあてて紹介。

トップ写真は、1983年イギリスF3選手権のRalt-AlfaRomeo、ドライバーはF1のレジェンド、AyrtonSenna。個人的にレーサーの憧れは、年代的にやはりSennaなのですが、彼がRalt-AlfaRomeoでチャンピョンに輝いていたことは知らなかった。SennaとAlfaRomeoって、ちょっとイメージが浮かばない・・・


R0019490
1978 AlfaRomeo F1 Prototipo
AlfaRomeoがF1に復帰するにあたり、冬の間だけテストに使われたPrototipoのミニチュア。こんなモデルまで存在するなんて・・・驚くばかり。
このちょっと格好わるいようなPrototipoは個人的に好きです。一度、本物のマシンをみてみたいと思っていますが、未だに目にしたことはありません。


R0019486
1972 AlfaRomeo T33/3 Riverside USA
Tipo33シリーズも数多くがモデル化されていますが、これは初めてみた。
AlfaRomeoのトレードマーク、逆三角形もついてない。


R0019485
1968 Pininfarina Alfa Romeo P33 Roadster
Paolo MartinデザインのP33 Roadster、つい数週間前にMuseoでみてきたので、ついついミニチュアもカメラに収めてしまった。


R0019505
AlfaRomeo Tipo33
これはLeMansだと思うが・・・どなたかHELP!!
NEWということで、これも100周年を記念にして新たに作られたものだと思う。Tipo33シリーズのモデルは多くあるように感じた。


R0019498
1957 BAT 7
BERTONEによるBATシリーズ、これもミニチュアや写真でなく一度、目にしてみたいモデルである。ミニチュアモデルでもこんなに衝撃的なのだから・・・
本物はさぞ強烈だろう!


R0019503
2008 BAT11
一昨年に発表されたBAT11、アメリカの顧客からのオーダーで製作されたということだが、うまくBATシリーズの特徴を捉えていると思う。これもBAT7と同じくミニチュアでも衝撃的だ。


R0019483
会場にはミニチュア以外にAlfaRomeoのボートも!
横にはこのミニチュアがしっかりと飾られていた。


R0019504
ついでFerrariから
1955 Ferrari 555 F1
ちょっと不細工なスタイリングが魅力的な555F1。特に左のマシンはBelgium GPのPaul Frereのマシン、彼の母国GPではないか!!


R0019524
これはミニチュアというか・・・1/1レプリカ
昨年のF60のステアリング、本当によく出来ています。


ミニチュアモデルというとFerrariが圧倒的に多いように感じますが、今回はAlfaRomeoが目立った。
6月末にはこの会場も100周年イベントの舞台になる。いったいどうなることだろうか?

つづく

|

« alfa blue team | Main | Hobby Model Expo その2 »

Comments

迷惑コメントが増えてきたので、コメントPost後、スパム防止認証画像がでるようにしました。よろしく!

Posted by: marque | 2010.03.30 at 06:58

わぁ~、魅力的なイベントですね。( ^ω^)おっおっおっ

セナのモデルなど、かなりそそります。

Posted by: iwao | 2010.03.30 at 07:25

marcue様
三枚目のロードスターは、好きでした。P.MARTINですね。この後くさびが強くなって、あれはいただけませんでしたが、これはいい!。

このBATの本物は、2004年のグッドウッドで見ました。リアルタイムで見た方は、やはりUFOだったでしょうね。一時全てのBATが日本にあったのですから、驚きです。

スカリオーネの名前を後世にまで伝えた傑作でしたね。インテリアも素晴らしいものでした。

Posted by: 大内 誠 | 2010.03.30 at 10:35

 モデルカーだけの紹介、うれしくなります。感謝。
 ティーポ33×4台は1970年のルマンだと思います。BATは5・7・9の3台全てが、かつて日本にありました。バブルでした。
 BAT5はパリ・バガテルのルイヴィトンクラシックで実車を見たことがあります。
 また、今から20年ほど前、ハンドメイドによる3台セットの1/43モデルが限定数リリースされ、日本には2-3セットが輸入されました。立派な特別仕立てのガラスケースに収まり、それは見応えのするモノでした。
 その1セットを追いかけて神戸まで行ったことがあります。東京に入ったものは一瞬の差で他のヒトの手に。そしてやむなく追いかけていった神戸のモノは、若干ですがモデルの状態が悪く、結局入手しませんでした。あの頃のような情熱が懐かしく感じられる今日この頃です。

Posted by: 森脇 | 2010.03.30 at 10:47

いやー、F1 prototipoのモデルがあるなんて…。このクルマ僕も写真は持っているのですが、ホンモノは恐らくスクラップじゃないですかね。不格好なのですが、何故か惹かれるところがあって…。これが現実にはティーポ177になったのでしょう。ダルなノーズがいかにもアルファって感じです。

Posted by: jmfanjio | 2010.03.30 at 11:44

う~ん、今回も刺さりまくりのエントリですね!
BATの実物はバブルの頃に、ウチから自転車で10分ほどの
車屋さんにあった!んですよ。250LMなんかもありました。良い時代でした(笑)
森脇様の仰る通り、T33のジオラマは70年のルマンですね。
この黄色いノーズの33は「栄光のルマン」でちょこっと映っていますよ。
72年の33/3は、これはCan-Am仕様ですね。

Posted by: フォルギエリ | 2010.03.30 at 19:01

iwaoさん
コメントありがとうございます。
iwaoさんには惹かれる話題かと!思いました。ラジコンも戦車もありましたし、セナ以外も楽しめる内容です。一度是非!


大内さん
コメントありがとうございます。
やはり大内さんは、一番影響をうけた頃のクルマに興味津々ですね。
BAT、今みても新鮮にみえますから、本当に当時はUFOですね(笑) これも見なくてはしねない!!


森脇さん
コメントありがとうございます。
まさに森脇さんのためにあるようなイベントでした。とくに今年はAlfaRomeoが多かったようです。
BATのため、さすが神戸まで追いかけるお話には脱帽、凄いですね。情熱と驚き、それがまた次の活力になりますね。情熱が懐かしいという言葉から、少し私もうなずいてしまいました。個人的にいいものを見すぎた反動で新鮮さが薄れたことが少々残念な気がしないでもないです。


fmfanjioさん
コメントありがとうございます。初めましてでしょうか?
初年度のAlfaRomeo F1は実物をみたくて情報収集しているのですが、未だにみていません。ゆえにミニカーですら珍して驚いてしまいました。やっぱりスクラップなのでしょうか??? ダルな感じ=ちょっと不細工なところがそそられます。


フォルギエリさん
コメントありがとうございます。
刺さってしまいましたか? 100周年を感じる濃さでした。6月はどうなってしまうのでしょうか?
そんな至近距離にBATがあったとは!! バブルは凄かったですね。
ここには紹介しませんでしたが、33シリーズはもの凄くバラエティーに富んでいて、私は見たことないのが多くありました。きっとフォルギエリさんなら、全て言い当てたと思います。Can-Am仕様もCOOLですね。こないだの75 IMSAもありましたっ。

Posted by: marque | 2010.03.31 at 06:28

うちの近所の模型屋さんでセナのフィギュアを作っています.お店に実物も飾られていますが,なかなか良くできていました.
http://www.kotobukiya.co.jp/kotobukiya/release/20090319/senna.html

F3のときのセナ,アルファのエンジンとは知りませんでした.CGを買うたびにモータースポーツの結果のページを見ると,F3は「ダ・シルバ」のオンパレードでしたね.こいつがF1に来たら凄いことになりそう,と思って見ていました(プロストもね).

Posted by: akira isida | 2010.04.01 at 19:03

BATが三台とも日本に在ったんですか。
知りませんでした。 私は17年ほど前、パリHocheの自動車博物館で対面しました。
この博物館に先日パリへ行った時に再訪したのですがなぜか閉まっていて入れませんでした。
レトロ中だからでしょうか、それとも閉鎖してしまったのか。。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/hirshiy/7245023.html

Posted by: hirshiy | 2010.04.02 at 04:41

akira ishidaさん
コメントありがとうございます。
リンクのページ拝見しました。凄いフィギュアで、よく似ていますね。
昔は、ダ・シルバで出場していましたね?>セナ。プロストも奨学生で上まで上がってきたようなものですものね。やはり名の残るチャンピョンは全てで速かったのですね。


hirshiyさん
コメント感謝いたします。
ご覧になったのですね、羨ましい。
知らないで入場し、BATがあるなんて相当な驚きだったでしょうね(笑)なにせ宇宙船のようですから・・・・


PS
忙しくて、帰宅後更新する気力が失せています。
今日はイースター前、最終日。明日から休みが嬉しいし、つづきをULしたいなぁ〜
(ひとりごと)

Posted by: marque | 2010.04.02 at 14:24

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/47947408

Listed below are links to weblogs that reference Hobby Model Expo:

« alfa blue team | Main | Hobby Model Expo その2 »