« Settimana Ciclistica Lombarda | Main | Concorso d'Eleganza 2010 »

2010.04.15

Birdcage in Sporting Classics of Monaco

Bdrmauction

Car Auctionはとても面白い。

クルマをはじめ、Automobiliaまで本当にピンからキリまで出展されるし、豪華で丁寧に解説されたAuction Bookを眺めるだけでも十分楽しめる。

去年まではMille Migliaにあわせて、RM AuctionがFerrari内でFERRARI LEGGENDA E PASSIONE, (2) を行っていたが、今年は場所をMonacoに移しSporting Classics of Monacoを開催するという。

その中でMaseratistaな目に敵ったのはMaserati Tipo61 Birdcage.

丁寧にRM Auctionから送られてきたインフォメーションを読んでみると、このBirdcageとてもユニークなヒストリーを持っている。

BIrdcageはご存知の通り、細いスチールバイプを組み合わせ作り上げたシャシーで、それが鳥かごのようにみえることからBirdcageと名付けられている。そのシャシー重量は僅か36kgだったというのだから、その軽量で俊敏なシャシー性能を生かし大活躍したことは有名なはなし。
このシャシー番号#2470は、ジェントルマンドライバーによってオーダーされた後に数度の勝利を重ね、その後はCanAmシリーズの創設者であるTracy Bird, あのHesketh F1のオーナーLord Alexander Heskethが所有してきた個体でユニークなヒストリーを持つ。
現在のジェントルマンドライバーにとってもBirdcageは永遠の憧れ、誰もがドライブしてみたいマシン。

この個体がどれくらいで落札され、次はどこで登場するのか?興味深くみてみたい。



A rare 1960 Maserati Tipo 61 'Birdcage' (chassis number 2470), one of only 17 examples built and boasting impressive provenance and a very competitive racing history. The third-to-last Birdcage built, 2470 was sold new in December 1960 to Jack Hinkle, who enjoyed incredible success behind the wheel, finishing on the podium every time with the exception of two DNFs. In 1961, he won three of seven races, followed by an additional three victories the following year. Other former owners include Tracy Bird, one of the founders of the Can Am series, and F1 team owner Lord Alexander Hesketh, among others. The current owner acquired 2470 in 2004 and has used it in several Ferrari Historic Challenge Series events, as well as at the 2009 Nürburgring Oldtimer Grand Prix, which the car won. (Estimate: €2,400,000 – €2,600,000). For further information on this car, please visit: http://www.rmauctions.com/FeatureCars.cfm?SaleCode=MC10&CarID=r207

|

« Settimana Ciclistica Lombarda | Main | Concorso d'Eleganza 2010 »

Comments

 バードケージ、モデル映えのするクルマで私もいくつかモデルを持っています。そのうち日記で紹介したいと思っています。

Posted by: 森脇 | 2010.04.15 at 09:16

ティーポ61バードゲージは過去に見たほぼすべてのモデル(模型も含め)がスラントした長いウィンドスクリーンを持っているのに対し、この個体は屹立したレーシングスクリーンになっていますね。それだけでフェンダーの抑揚などの雰囲気が変わり、まるでジャガーを彷彿させます。バードゲージがあまり好きになれなかったのはあのウィンドスクリーンのせいで、こいつはその点すごくバランスが良くていいですね。カラーリングもそう見せるのでしょうね。

Posted by: jmfanjio | 2010.04.15 at 09:36

Birdさんが持っていらしたBird Cage!。あのヘスケス公もですか!。ヘスケスバイクなんてありましたね。

私もバードケージのデザインは、それほど特出するような所は無い!と思っていました。やはりあのパイプ芸術でしょうね。しかし,ネーミングがしゃれている!。

ミドシップになったスーパーケージは好きです。

ジャグアーのDの方が、デザイン的には好きでしたね。

このBrack Cage、あのレトロに来ていた車ですよね?。

Posted by: 大内 誠 | 2010.04.15 at 09:52

森脇さん
コメントありがとうございます。バードケージはその特異な骨格ゆえにモデル化にも大変な苦労が要されるように思います。連動企画(笑)楽しみにしています。


jmfanjioさん
このモデルはウインドーがそびえ立っていますね。
私もたくさん見てきましたが、既にどれがどれで、どれがそれかは既に???(混乱しています) 後のコメントの大内さんのスーパーバードケージはものすごいスラントなウインドーなので、人の嗜好というのは妙であり、それが楽しいですね。今回のオークションは現地に行くべきか迷っていましたが、覗いてこようかな・・と思っています。楽しみです。


大内さん
そうですね。デザインよりもバードケージ=パイプの芸術!
確かネーミングにも逸話があったような・・・ 粋なネーミングですね。
>あのレトロに来ていた車ですよね?。
私も最初そう思ったので確認しますと、細部も異なりますし、シャシーナンバーも違うみたいです。

Posted by: marque | 2010.04.15 at 17:40

うろ覚えなので、間違えていたらごめんなさい。
Tipo61は1960年に製造されているので、この年のレギュレーションに則ってウインドースクリーンが10インチの長さになっているはずです。
今回の個体は低いスクリーンみたいなので、1959年製? だとすると、2000ccのTipo60 ? オーナーの好みで低いタイプに変更したのかもしれませんが。 重箱の隅つつく行為失礼。

それにしても、やっぱり鳥籠はいつ見ても格好いいですね(^^)

Posted by: CLOT | 2010.04.15 at 23:45

CLOTさん
コメントありがとうございます。
そうですね。この年にレギュレーションが変更になったのでしたね、そんな記憶は完全に脳の彼方に逝っております(汗) コメントは何でも大歓迎なので嬉しく思います。
鳥籠は格好いいですね、初めて見たときの感動は昨日のように蘇ります。やっぱり憧れで欲しいと思いますが、値段がね〜〜〜£でなく¥なら1/1でも手に入れるのですが・・・ 私はミニチュアカーで満足しています。

Posted by: marque | 2010.04.16 at 01:42

バードケージ、ネーミングとしては個人的にはコルセアを思い出します。スイマセン。
シャシー重量36kgは軽いですね。こういったパイプフレームを歪み無く溶接する技能をもった職人さんってまだいるのでしょうか? 

Posted by: hirshiy | 2010.04.16 at 04:18

最近はオークション会場でJPYの価格表示が無いそうで、
なんだか寂しいです(笑)

T61 Birdcageは、やはりカモラディの#5の印象が強いですね。
Birdcageと言うと、以前marqueさんが書かれていた
クロモリ・パイプが硬すぎて、のエントリーは面白かったです

Posted by: フォルギエリ | 2010.04.16 at 14:29

hirshiyさん
コメント感謝いたします。
>パイプフレームを歪み無く溶接する技能
若い方は判りませんが、、、まだ現役で頑張っている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 60年だから50年前、20才+50で現在70才、まだやっていると思います(笑)


フォルギエリさん
コメントありがとう。
最近はJPYの代わりにロシアルーブル、中国元でしょうか? 特にロシアナンバーはモンテカルロにいっても、イベントに行ってもよくみかけます。(それでも景気後退以来ロシアは少し減ったような・・)
私もBirdcageはCAMORADIの印象です!フレームのTips>懐かしいですね。


PS
やっぱりクルマじゃないとコメントつかないね(笑)

Posted by: marque | 2010.04.16 at 15:49

今日RM Auctionsをチェックすると

Sold at a price of €2.464.000!!

やっぱり高すぎる。一生ミニチュアで我慢だな・・・

Posted by: marque | 2010.05.17 at 06:12

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/48090020

Listed below are links to weblogs that reference Birdcage in Sporting Classics of Monaco:

« Settimana Ciclistica Lombarda | Main | Concorso d'Eleganza 2010 »