« Milano-Sanremo 2010 | Main | Birdcage in Sporting Classics of Monaco »

2010.04.11

Settimana Ciclistica Lombarda

R0019605

イースターを控え何気なくインターネットでCycling News, cyclowired.jpをみていたら、Lombardiaを舞台に開催される6日間のステージレースSettimana LombardaにBBoxの新城選手、Team NIPPOの佐野、井上、宮澤選手と計4人の日本人サイクリストか参加するという。

それが動機となってSettimana Lombarda最終日、唯一晴れたイースターの月曜日にBergamo近郊まで観戦にでかけた。

この日のみレースのスタートは朝8時半。
案の定、自宅を出る時間が遅くなりスタート地点には間に合わず、レース序盤の周回コースで応援+ゴール地点という方針に切り替え。

R0019565
ProTourレースでないので観客もそれなり。
しかし、熱心なファンは朝からも駆けつけ、それに応えてくれる選手に拍手!

R0019574
たまたま撮影したら、右の方に新城選手。
自転車観戦の場合、もの凄くスピードが速いので目的の選手を見つけるのはとても大変。テレビ観戦の場合、動く選手に動くバイクカメラなので非常に判別しやすいのですが、集団が通過するときはなかなか判別が難しい!目立つユニフォームは助かります。


R0019577
バイクに貼られていた大会のステッカー


R0019587
集団前方に位置していたNIPPOの佐野選手
正直RabobankやBBoxは判りやすいけど、NIPPOのユニフォームは周りに溶けてしまう〜


その後はBergamo bassoの街に移動してゴールするまでcafeタイム!

最後はお決まりの集団スプリントになりRicco選手が勝ちました。
数年前のGiroでの活躍が印象深いRiccoですが、クライマーらしくもの凄く細い!小さい!
驚きました。


ゴール後はバイク観戦も!

R0019646
FLAMINIAのBianchi
BianchiはBergamoだったように記憶しているので、地元の地元。
一番手前のRiccoのバイクだけホイールスポークが赤なんです。

R0019647
NCCのDeRosa
DeRosaもMilanoなので地元。イタリアにはこのようなバイクメーカーがたくさん存在する。そのサイクルスポーツの人気を反映していると思う。


R0019656
おまけ
新城選手に妻がもらったボトル、昨年と今年のバージョン(サイン入り)。
どこがちがうでしょ〜か?


こんな健康的なイースターの締めでした。

|

« Milano-Sanremo 2010 | Main | Birdcage in Sporting Classics of Monaco »

Comments

 自転車は全くの門外漢ですが、それでも写真から機能美が伝わってきます。ビアンキはハンドルもフレームもかっこいい。
 スペインでこんなモデルをつくっている人がいます。自転車のモデルというのも魅かれるモノがあります。
http://www.motoscalatarrago.com/modelos.htm
 アルピナやブガッティの代理店として知られるニコルも自転車を始めました。レセプションのお土産は水筒でしたが、例によって行方不明。
http://www.nicole-eurocycle.co.jp/

Posted by: 森脇 | 2010.04.11 at 11:28

森脇さん
コメント感謝いたします。
ここを訪れてくださる方は、やはり自転車よりもクルマな方なのでコメントうれしく思います。
自転車もファンになって、ルール、チーム、作戦と判ってるととても面白い競技だということを感じます。完全に選手メインなスポーツですが、自転車のフレームや機械的なマシンの美しさは、クルマと同じように思います。
クルマは何でも高価ですが、自転車は手軽なところも魅力です。それでも高価ですが・・・
NIcoleの扱うバイクもいいものばかりですね。そしてイタリアの名門が多い!! 個人的にクラシックなクロモリスチールが好きですが、現在のレースバイクはカーボンが主流、風洞まで利用するようなので、そのあたりの技術はF1と同じで驚かされます。

Posted by: marque | 2010.04.12 at 02:17

私も自転車屋ですがクルマの方が好きです(笑)。今はCINELLIのカーボンフレームに乗っていますが、すぐ飽きてしまう。カーボンは性能を追求した素材であって、味のあるものではありません。なので、どれに乗っても、それほどの違いはないです。私は「金属フェチ」なので、金属の磨いた感じ、削り出した感じが好きです(時計のケースとかも)。仕事上、最新のモデルに乗っていないといけないので辛いときもありますが、プライベートではアルミのバイクに乗ります。

Posted by: propcycles | 2010.04.13 at 00:04

propcyclesさん
チャリネタは低調なので、コメント嬉しいです。
あらら・・・クルマの方がお好きですかぁ(笑)
さすがにプロの意見は説得力があります。カーボンバイクの印象を「そうなのかぁ〜〜」と思いながら想像しました。最新のカーボンバイクも格好いいのですが、昔ながらのクラシカルなバイクにも惹かれます。

Posted by: marque | 2010.04.13 at 04:50

Qに回答がつかないので、Answer
ちょっと質問がマニアックで、自転車に精通しているかたでないとダメだったかも・・・
ボトル形状が異なるのはみてのとおり。それ以外に、今年のBBoxチームはフレームをフランスのTIME社から、イタリアのCOLNAGOへ変更しました。よってボトルに入るフレーム供給会社が異なる。これが正解でした。
マニアックでしたね。

Posted by: marque | 2010.04.16 at 15:52

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/48053028

Listed below are links to weblogs that reference Settimana Ciclistica Lombarda:

« Milano-Sanremo 2010 | Main | Birdcage in Sporting Classics of Monaco »