« SanGottardo峠を越えて | Main | Enthusiastic tour »

2010.08.29

Basel, 1 month

P1000957

随分と長い間空いてしまいました。

仕事がすぐ始まったり、家を決めたりなど忙しくしていたため・・・
といいたいところですが、平日は新しい仕事に慣れるので精一杯、週末は疲れてしまったため近場をうろうろしていたというのが正直なところ。
ここでの生活も1ヶ月経過したので簡単に感じたこと。

Baselは真ん中にRhein川が流れ、小さい街ながらも落ち着いていて過ごしやすい。東京からMilanoに越したときは「随分と小さい街だなぁ」と思ったものですが、ここは更に小さく街の中心まであっという間にアクセスできてしまいます。

今年のヨーロッパは7月初めに猛暑が訪れたものの、7月末以降は涼しくて少々物足りないくらい。今朝なんて10度ちょっとしかありませんでした。日本の猛暑とは随分と対照的です。

P1000954
昨日も夕食後はRhein川沿いを散歩して、街の中心街を散策してきました。川沿いにはこれまでのイタリア的な建築とは趣が異なる如何にもドイツ的な建物が連なって、夜の散歩も心地よいもの。


P1000922
晴れた日には渡し船にも乗ってみました。川の両岸にワイヤーを張りそれで船を渡すというもの、よってエンジンなどの動力はなし。川の橋からワイヤーを引き寄せているみたい。


P1000921
晴れた日は水面も近くて心地よい。


P1000946
街が小さいためか、自転車が盛ん。
様々なタイプの自転車を街中で見ることができます。我々も中古車市場でMTBとracing typeを購入。自転車専用道で隣町まで!まるで探検気分。


R0020602
よくコメントくださるF105Lさんお薦めのVitra Design Museumにも行ってみました。
家具で有名なVitraの工場があるのですが、MuseumやShopだけでなく工場自体もModernというか変な形をしていて楽しめました。


週末には国境を越えてドイツやフランスに出かけたり、クルマ好き=Bugatti好きな方には堪らないMulhouseの街(参考1, 参考2)にも出かけてみましたが、未だ日用品の買い物でスーパーだけ。
Monteverdi museumやMulhouseはまだまだこれからといった感じです。

それではまた!

|

« SanGottardo峠を越えて | Main | Enthusiastic tour »

Comments

海外での引越しはいろいろ大変かと思います。BaselはFrankfurt駐在時にスイスに行くときに通りました。ドイツ風の落ち着いた街並みというのが私の印象です。

日本食材とかは買うことができますか?

Posted by: lotus49ford | 2010.08.29 at 18:50

marqueさん
こんばんは。
イタリアとは少し雰囲気違いますね・・。仕事環境が変わってまだ落ち着かないでしょうが、頑張ってください。
来年こそはイタリアで合流したいですね。

Posted by: RYU | 2010.08.29 at 19:10

 バーゼル、確か冬は寒いんですよね。最初に出かけた時は夏でしたが、二度目は厳冬だったので、とても寒かったことを今でもはっきりと覚えています。
 欧州はどこも住めば都なので、うらやましいかぎりです。

Posted by: 森脇 | 2010.08.29 at 19:47

東京は死ぬほど暑い毎日です。>今日も35℃
涼しそうで羨ましい~。
ミュールーズ楽しみですネ。

Posted by: Bianco | 2010.08.29 at 20:21

おっと!私の代わりにVitraへ行かれたんですね?
敷地内の建物には、Frank o. Gheryと安藤忠雄の建築もあるんですよ!
行きたいなぁ。。。

Posted by: F105L | 2010.08.29 at 21:50

駅のそばのホテルに泊まって、近隣の建築や美術館に行ったのを思い出します。川の畔でビール飲んだりして、ノンビリとした優雅な時間がなつかしいなぁ。ここは街全体のゆったり感が好きですね。
当時新しくなったトラムだけ妙に綺麗だった。
子供が生まれたばかりだったので、フランス、ドイツ、スイスのそれぞれの国のスタンプを陸路だったのに無理矢理もらったんですよね・・早くも三カ国制覇とか笑

beyeler foundationの建築(Renzo piano)もお勧めですよ。

Posted by: noby | 2010.08.29 at 21:58

ミラノの印象が”小さい街”だったんですか。
ケルン、バーゼルは同じくらいでしょうか。
こういったこぢんまりとした街は暮らしやすいので、あっという間に時間が経ちますよ(笑)。

Posted by: hirshiy | 2010.08.30 at 03:40

lotus49fordさん
お気遣いありがとうございます。
確かに大変なのですが、日本→イタリアに比べれば遥かに容易で随分楽させてもらってます。ルールがあるというのが良いです(笑) 落ち着いた町並み→まさに私もそう感じます。
日本食材は正直ないようで、周りの人はチューリッヒやフライデブルグまで買い出しに行っているようです。これは困ったものです(笑)


RYUさん
イタリアとは全然雰囲気違いますね。最初の海外がイタリアだったので、私の場合全てがイタリア基準になってしまいます。規則や食事全てがイタリアに対して良いか?悪いか?ですね。良いところ、悪いところなどどちらもいろいろありますね。
合流計画いいですね→今年はthroughですか???


森脇さん
そうなのですか?スイスの中では比較的暖かいほうと伺ったのですが・・・ショック!! 確かに寒いようですが、冬はミラノと変わらない様子とも聞きました。本当か否かはこの冬確かめたいと思います。
今、家を決める段階なのですが、なかなか満足できる物件というのはなく・・・「住めば都」とまさに言い聞かせてます。


Biancoさん
日本の猛暑とは随分と異なるので驚いています。
ミュールーズは・・・どなたか来たときにでも一緒に行きたいなぁ〜と思っています。


F105Lさん
そう、Basel市から無料のチケットをもらったので、早速いってきました。大きくパンフレットも頂きました。敷地内の見学ツアーにも参加したので、全てこの目で確かめてきました。全て写真もありますが・・・F105Lさんが訪れる日のために1枚にしておきました。。
是非、行ってください。


nobyさん
そう、川の畔でビール! これが過ごし方かな・・・と感じています。
ゆったりしていますしクリーンな良い街で気に入ってます。
BYELERは夏の間だとフェアをやっていて、素敵な芝の上で遅くまで楽しめるんです。実は昨日も自転車で行ってきたところ。
博物館の中にはまだ入ってませんが・・・こちらも市から招待チケットを頂いたので時期をみて訪れたいと思ってます。(市が転入祝いにいろいろな特典チケットをくれるんです→凄い! 来月は転入者向けにAperitivo招待まで来て驚き!)

Posted by: marque | 2010.08.30 at 03:48

hirshiyさん
時間差のコメントでした。

大都市TOKYOは大きく感じました。
ゆえにミラノは小さい、バーゼルはもっと小さい。人口20万人にも満たないよう。
電車もトラムも広場も混まない!まさに過ごしやすい街を実感しています。

Posted by: marque | 2010.08.30 at 03:52

さっそく行動開始ですね。
marqueさんはとにかくよく動く人だという印象。
慣れない土地でもすぐに愉しみ方を見つけてしまう。
落ち着いてからのブログがまた楽しみです。

Posted by: hey | 2010.08.30 at 06:53

自転車購入されたのですね! インプレ楽しみにしています。自転車で走ると気持ち良さそうですね。自転車レーンなども整備されているようですが? スイスといえば、高級サイクルウエアー「assos」が有名ですね。

Posted by: propcycles | 2010.08.30 at 11:38

marcue様
>欧州は、もう秋でしょうか?。ミュンヘンに居た時も九月に入った途端に涼しくなりました。しかし、秋はきれいでしたよ。

>まだまだ暑いです。先週は九州を回って来ました。桜島や阿蘇山、九州の自然は雄大ですね。

>バーゼルの街に大きな機械式時計と黄金の館?でしたか、、、。それはベルンだったでしょうか?。

Posted by: 大内 誠 | 2010.08.30 at 21:40

heyさん
期間限定のつもりで精力的に動いてましたが・・・今回はどうなるだろうか?
しかし、家にいるのも勿体ないので近場に出かけたい衝動に駆られています。慣れない地だと新たな趣味なども発見しそうで面白いです。


propcyclesさん
はい購入しました、セコハンですけど! 最初はそれで十分、慣らしてゆきたいと思います。自転車レーンならず自転車用の信号機まであって、整備度は抜群です。街を外れて5分ほどで心地よいサイクリングも楽しめそうです。
assos>知らなかったのでwebを拝見。モデルの表情にも驚きました!!(笑)
スイスだと全てが物価高で圧倒されてます。

大内さん
秋を通り越してますね。。。
明日は最低気温8度!冬じゃないでしょうか? 最高は22度ですけど・・・
阿蘇山はいいですね。私も行きたい。あのあたりを愛車で流したいです。
大きな機械式時計と黄金の館>う〜〜ん知りません。勉強しておきます。

Posted by: marque | 2010.08.31 at 04:01

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/49285745

Listed below are links to weblogs that reference Basel, 1 month:

« SanGottardo峠を越えて | Main | Enthusiastic tour »