« Salone Internazionale del Ciclo e Motociclo つづき | Main | 46º ANNIVERSARIO e MASERATI »

2010.12.15

Natale a Modena

Img_0070

今年も我が家の恒例行事となった感があるMaserati Club主催のクリスマスパーティーに出かけてきた。
昨年までは簡単に出かけてきたといえたが、今回ばかりはかなり大変だった。雪のアルプス越えの上に週末だけで往復1200kmのドライブ、正直疲れました。

今年はイタリアから脱出してしまったので、久々に思う存分イタリア料理を楽しみたく土曜日にModena IN。夜はホテルマンにtypical modenase料理を楽しみたいというリクエストをだしてModenaの街中、Piazza Romaにある老舗レストラン、Oresteを教えてもらう。

ここが大正解!近年ニューウェーブなどといって地元料理を忘れおかしな方向に走るレストランが多い中、伝統を守って地元の味を伝える使命感に満ちたレストラン。しかしながら、実際のところこのような老舗は不景気でどんどんと姿を消していることも事実で、老舗は客が入らずヘルシー趣向に振ったレストランが流行るというおかしなスパイラル。実際、客は少なかったし、MENUはイタリア語しか無さそうだし、イタリア語onlyというお店、おいしい料理もこちらから尋ねないといけなさそうだけど、ぜひとも応援したい。(是非、次回どなたかご一緒しましょう!)


そこでたまたまテーブルが隣になった老紳士二人組が、思いがけずよい思い出を残してくれた。
食事の途中から日本人の我々を珍しく思ったのか?また我々もイタリア語が話せるということが判ったためか?妙に興味を持って話しかけてきた。
その紳士はレストランの常連客らしくModena料理への想いをレストランオーナーと共に語り、我々にもModena料理の美味しさを語り、そして互いに褒め合うというとても楽しい時間をつくってくれた。

そうこうしていると、その紳士らとレストランオーナーがMaserati談義を始めた。

Maseratistaな私は???
そこで「なぜにMaserati?」と話しの間が空いたときをみつけて尋ねてみた。
すると驚くことに一人の紳士はGhibliオーナー。もう一人の方は先代がVicenzaで戦後イタリア初のMaseratiディーラーをオープンしたということ。子どもの頃はJM Fangioがディーラーに来て・・・だとか、A6GCSが・・・だとかそんな話しがいくつもでてきた。

そこからは店主もMaserati本を持ってきて、エンドレスなMaserati談義。Maserati兄弟に始まり、地元だから聞くことが出来そうなOrsi時代のMaserati蘊蓄、DeTomaso時代まで、皆が言いたい放題。
褒めたり貶したりしながらも、その根底にはMaseratiが好きという共通した想い。

食事も会話も最高な時間、素晴らしいCena a Modenaを楽しんだ。


写真は翌日のNatale a Modena
つづく

|

« Salone Internazionale del Ciclo e Motociclo つづき | Main | 46º ANNIVERSARIO e MASERATI »

Comments

 イタリア料理までがそんなことになっているんですか。日本における洋菓子の世界も同様で、困ったもんです。
 レストランの中での話には思わずなごみました。あまり良い話のない昨今、このような話にふれると、ほっとします。

Posted by: 森脇 | 2010.12.15 at 08:45

marcue様
メキシコですね。メキシコ意外と好きです。インデイやカムシンよりずっと良いですね。

しかし、スイスから大変でしたね。景色は最高だと思います。除雪は完璧でしょうから、普通タイヤでOKでしょうね。

Posted by: 大内 誠 | 2010.12.15 at 09:34

共通の趣味があったりすると俄然話は盛り上がりますよね。良い人が隣のテーブルにいらっしゃった。さぞ食事も美味しかったことでしょう。基本的にイタリア人はとても日本人に親近感を持ってくれていると思います。僕も7年間色々と接点のあったイタリアが大好き。でもイタリア語は忘れたなぁ…

Posted by: jimfanjio | 2010.12.15 at 12:09

ローマ広場のortese懐かしいです!
オーナーのおじ様この方でしたか?
http://blogs.yahoo.co.jp/corse4/folder/827653.html?m=lc&sv=%A5%E2%A5%C7%A5%CA&sk=0
このころはマセラティスタでなかったですが、今、モデナに行ったら一味も二味も違う感情を持つのでしょね~

Posted by: | 2010.12.15 at 12:16

森脇さん
そうなんです。本場イタリア料理もこの有様。
以前Modenaの二つ星レストランにいったとき、ドンペリが出てきたときには驚きました。イタリアなのになぜドンペリ???
これらを好む客もいけないのですが。。。。
森脇さんにはぜひとも訪ねて頂きたいレストランのひとつです。おすすめ!


大内さん
除雪は完璧ですが、先月末の大雪に懲りてスノータイアに替えました。今後は怖いものなし、安心感が違いますね。
クルマネタは次回にしますね。


jmfanjioさん
そうなんです。共通の趣味で多いに盛り上がりました。最後には是非、トスカーナの家に遊びに来なさいって(笑)是非とも行ってみたいけど・・・
イタリアは英語を話してくれないので、こちらが習得するしかないですね。私も全然勉強しませんでしたが、どっぷりイタリアに浸かって少しくらいなら判るようになりました。


corse4さん ですね!
Oreste行かれましたか!? いかがでしたか?
イタリアの街を歩くと、「帰って来たなぁ〜」と親近感が湧きます。初の海外生活がイタリアだったので思い入れが強いんだと思います。苦労したけど、いい国でした。

Posted by: marque | 2010.12.16 at 04:46

お久しぶりです。お元気そうですね。
昨年お誘いいただいてもう1年が経ったんですね。早いものです。
モデナのレストラン是非行ってみたいです。でも子連れは難しいかなぁ。。このところミラノも本格的に寒くなってきました。スイスはもっと寒いのかなぁ。ミラノは12月からチェーンの携帯かスノータイヤ装着が義務になったらしいです。まだ、購入してませんが。

Posted by: matsu | 2010.12.16 at 09:46

こんばんは・・。
お元気ですか・・?
寒そうですね・・。

来年は是非そこへ連れて行ってください。読んでるだけでも美味しそう~。

Posted by: RYU | 2010.12.16 at 21:23

matsuさん
お久しぶりです。短時間なら子ども我慢できるのではないでしょうか?
是非試してください。
ミラノでスノータイア装着が義務??? まっ、無視で良いのではないでしょうか(笑) 私は通年サマータイアで過ごしました。


RYUさん
是非、行きましょう。 やっぱりイタリア料理はうまい!
ドイツ人がイタリアへ旅行する理由がわかります。

Posted by: marque | 2010.12.17 at 05:29

Merci d'avoir un blog interessant

Posted by: rachat de credit consommation | 2011.02.18 at 23:30

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/50305113

Listed below are links to weblogs that reference Natale a Modena:

« Salone Internazionale del Ciclo e Motociclo つづき | Main | 46º ANNIVERSARIO e MASERATI »