« Felice anno nuovo 2011 | Main | Stuttgartの旅 その2 »

2011.01.10

Stuttgartの旅

R0020935

自動車趣味人ならたとえイタ車党であっても見逃せない街がStuttgart、これまでいつかは訪ねなくてはという想いをとうとう達成することができた。

Mercedes, Porscheの街として大いに期待していたが、そこに存在していたのは大きな工業都市=Stuttgart。結局、街からは文化的に面白そうなものはあまり感じられずMercedes museumとPorsche museumの見学、そして地ビールを楽しんだだけになってしまった。

Stuttgartの街の印象はあらゆるところから芸術的な香りがするイタリアとまったく異なり、質実剛健なこの雰囲気こそがMercedes, Porscheの信頼の証し、Mercedes, Porscheのキャラクターはまさにこの街を反映していると感じる。改めてクルマはその土地によってつくられると思い知らされた。

Mercedes museumはまさに巨大、正直にいうと最後は疲労困憊するほど凄い数。展示も奇麗で整然として、加えて素晴らしく丁寧な解説。妻はこのMuseumから感じるMercedesのスタンスにいたく感銘し、Mercedes Funになってしまった。

R0020879
その建物も丘の上に立ち、凄い存在感。


R0020882
展示はエンジンの発祥、自動車発祥の頃から最新まで盛りだくさん。


R0020896
有名なSLRのトランスポーター


R0020900
働く車両シリーズの展示も興味深く、ありとあらゆる車両が展示されている。


R0020905
かなり古い時代のポスター。
SLRのCOOLで速い雰囲気が上手く感じれてついつい引き込まれる。


R0020907
300SLR Coupe


R0020917
最初は霊柩車かと思ったが、これは速度計測用の実験車。洒落ている。


R0020933
歴代の近代レーシングカー。
写真でみるとまるでミニカーのよう。


個人的にはレーシングカーが最大の興味で訪れたが、実のところ最後のフロア=レーシングカーに到達したことにはかなり疲れてしまっていた。無念。


R0020940
旧世代のクラシックレーシング。
唸るほどCOOLな展示には圧巻!


R0020944
最後の最後に登場したのはT80世界最高速達成ためにつくられたワールドレコードカー
3000HPの出力で最高速度600km/h!を誇ったという。

流石に世界のMercedes!!

|

« Felice anno nuovo 2011 | Main | Stuttgartの旅 その2 »

Comments

marcue様
T80が見たいですね。イラストも結局あの巨大なドラムブレーキの資料が無く、止まったままです。ドラムブレーキさえ分かればな!。

Posted by: 大内 誠 | 2011.01.10 at 00:27

 メルセデスのミュージアムは1978年に訪れたきり出かけていません。写真をみていて、往訪したくなりました。

Posted by: 森脇 | 2011.01.10 at 03:42

新しくなったMercedes Museumには2009年に行ってきました。展示の量は圧巻ですね。短い旅行の中でいったのでFRAからMercedesとPorscheの2台博物館を1日で見学するという強行軍でした。
Mixiの記事も書かないと(汗!!)

Posted by: lotus49ford | 2011.01.10 at 07:59

SLRのトランスポーター、ツボですw
何度か、Getしようと思ったことがあります。。。
minicarですよ~

Posted by: iwao | 2011.01.10 at 08:47

SLRのトランスポーター本物みたいです!後ろ姿がまたカッコイイですよね。1枚目の写真、ミニカーかと思いました!このレポートみて行きたくなりました。ミラノから車で行くとどのくらいかかるのかなぁ?バーゼル経由ですかね!

Posted by: matsu | 2011.01.10 at 09:44

1/43の良く出来たジオラマにも見えるのですが、これが1/1だと言うのですからそれは圧倒的でしょうね。。

義兄が「2日行ったけど全部は見きれない・・・」と言っていた意味がわかりましたww

個人的には働く車が興味津々ですww

Posted by: しるばーさたん | 2011.01.10 at 10:28

リニュアルしてからは行っていません。また覗いてみたいなぁ…

Posted by: jmfanjio | 2011.01.10 at 10:48

車好きなら、とりあえず興味が有るでしょう。
私もいつか、行ってみたいです!

Posted by: やす(yasulotus340r) | 2011.01.10 at 11:33

すごいミュージアムですね! メルセデスは好まないですがミュージアムは見たくなりました。入館料はおいくらですか?

Posted by: propcycles | 2011.01.10 at 14:19

これは行かなきゃ!
メルセデスの工場見学はしたんですが、運悪くその日はミュージアムが休み。工場見学も感動しましたが。
しかし、普通の人ならこれを見せられると納得して買っちゃうかも。メルセデスって納車の際、工場に取りに来るっていう方法がありますね。まさしくメルセデスにやられちゃったユーザーなんでしょうね。

Posted by: F105L | 2011.01.10 at 16:32

Macがクラッシュしてひどい目にあってしまいました。ふとバックアップをみると昨年の8月! おまけにiPhotoのバックアップはなくて・・オリジナル写真データはあったもののiPhotoは空っぽ(泣) どうにか復活させました。


大内さん
T80>壁に蝉のようにかかっているのでなかなか難しいかもしれないですねぇ〜
どこかの角度から覗くしか方法はないかも・・・ それ意外にイラストを描くという名目で交渉するという手もありますね。


森脇さん
1978年!! さすがに古いですね。
私も次回はゆっくりと見学したいと思っています。かなり大きいので広い困憊でした。しかし翌日も出かけるほどの元気はなかった。朝一番、元気のいい時間に気合いでみてしまわなければと感じました。


lotus49fordさん
本当に質と量に圧倒されました。私も先にPorscheをみて街自体がイマイチだったので、軽い気持ちでMercedesに出かけたのですが、甘過ぎました。まさに強行軍、疲れました。


iwaoさん
トランスポーターいいですね。あれで170km/h巡航可だったようです。内装もチェック柄でシャレているんです。(Mercedesにしては珍しく・・・)


matsuさん
ミラノからですと、、、、5+3時間というところでしょうか?
結構なハードコースだと思います。北のドイツは雪がつもって寒い冬よりもやはり夏がおすすめです。しかし冬のクリスマスマーケットも捨てがたい。


しるばーさたんさん
実際は1/1なんですが、写真で見るとミニカーのように見えます。質と量は圧倒的なので私もすべてみていません。というより見切れなかった。


jmfanjioさん
規則正しいMercedesなので圧倒されること間違いありません。また覗いてください。妻はあれ以来Mercedesを買おう!と言ってます。


やす(yasulotus340r)さん
夏のロマンチック街道から足を伸ばして訪ねてみてください。ただし食事は下調べがかなり大切です。


propcyclesさん
スタンスは私も同じです。一度は必須かなと・・・入場料8ユーロ、音声ガイド付きです。Porscheも同じく8ユーロ、しかし音声ガイドは+2ユーロです。


F105Lさん
え〜、工場見学なんてできるのですか!知りませんでした。
私が訪れたのはクリスマスホリデーだったのでいずれにしてもライン見学はできなかったと思うけど。。。ファクトリー引き渡しはModenaの地で行うことが私の憧れなんです。

Posted by: marque | 2011.01.15 at 02:39

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/50540597

Listed below are links to weblogs that reference Stuttgartの旅:

« Felice anno nuovo 2011 | Main | Stuttgartの旅 その2 »