« 叶わぬMonteverdi | Main | GENEVA »

2011.02.21

棚からひとつかみ Maserati

P1010582

週末は友人がきていたので特に趣味系イベントはお休み。
ネタもないの蓄えてきたグッズシリーズ、(連動企画で)棚からひとつかみ。

Maseratiから!
TOPの写真、Maseratiのコーポレートカラーに塗られたレザーには、誇らしくMASERATIという名とエンブレムの型押し、そしてバッジまで施された高級そうなもの何かおわかりであろうか?


P1010577
実はこれ、まるでBiturbo時代のMaseratiの特徴であったインテリアを真似たような豪華なレザー張りの手帳である。いかにも高級そうなデスクダイアリーでB5版を少し大きくしたサイズ、そしてダイアリー自体もそのまま糊付され一年で使い切るという割り切った豪華仕様な手帳(豪華な箱入り)。凝った表紙の豪華さとは対照的に内容はさすがにビジネスユース、スケジュール表に連作先などなど、Maseratiらしさを感じるのはカタログが散りばめられていることと、Modenaの地図が差し込まれているくらいか!? ちなみにこれは2008年版、2007年販売絶好調で過去最高益を上げたMaseratiが勢いよく作成した2008年版といったところか・・・


P1010580
その後ろに控えるのが2007年度版、こちらはコーポレートカラーのブルーに塗られたものの通常の紙バージョン(こちらも箱入り、ただし2008年よりも簡素な箱になる)、しかし内容は先の2008年度バージョンよりも凝っていていたるところにTrideteが散見される。フリークにとっては心惹かれるところ。当然のごとく中にはModenaの地図やほかにも多くカタログで使われた写真が散りばめられる。2006年、Quattroporteの成功で右肩上がりなMaserati社がリリースした2007年度バージョン、さらに勢いを増したのが先の2008年度バージョンといったところ。

しかし、2008年中頃アメリカに端を発したエコノミッククライシスが勃発する。それまで好調を堅持していた自動車業界は谷に落ちたかのような不況を体験することに...
厳しい景気のなか作成されたのが最後の2009年度バージョン(箱なし)。表紙は黒で右隅にMASERATIとエンブレムが入るのみ。しかし全ページにMASERATIと薄く入っていて、質素な佇まいにもブランドを誇示していることが伺える。

社員や顧客に配られた2007, 2008, 2009年のデスクダイアリー。僅か3年にも関わらずMaserati社の勢いが感じられる3様のデスクダイアリーで興味深い。


2010年、2011年はどうなっているのか知りたいところ。しかし残念ながら持っていない。
ちなみに私は新品のままで使ったことありません。

|

« 叶わぬMonteverdi | Main | GENEVA »

Comments

 いいシリーズですね、これ。みていてたのしい。これからも是非継続をお願いします。今晩、時間があれば応援連動企画日記、書きたいと思っています。

Posted by: 森脇 | 2011.02.21 at 12:44

こういうのって使えないですよね。
ランチアの持ってますが単なる飾り。
それにしても革のシボが美しいですね。

Posted by: F105L | 2011.02.22 at 21:45

森脇さん
コメントありがとうございます。こちらもネタ切れ&忙しくてあまり出かけられないので、このシリーズをたまにやってみたいと思います。


F105Lさん
ARは90年代に嬉しくて是が非でも手に入れて使ってました。しかし使うと、、、語学と休日の関係で随分と使いにくかったのを覚えています。
しかし、飾りやタンスの肥やしでも所有感はいいですね。

Posted by: marque | 2011.02.23 at 04:58

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119168/50929583

Listed below are links to weblogs that reference 棚からひとつかみ Maserati:

« 叶わぬMonteverdi | Main | GENEVA »