2013.03.27

SNOW DRIVE

Img_1245

このあいだChristmas holidayだと思っていたらもう3月末。春の到来と思いたいところだが、今年のEuropeは寒いくて今日も雪景色。今週末から夏時間に変わるというのに・・・
1ヶ月ほど前の週末、スイスの時計の聖地ともいわれるLa Chaux-de-Fondsを訪れた。さすがに山と山の谷に存在する街への道中は雪景色、車中の外気温時計もマイナス8度! 樹氷を楽しみながらのスノードライブはなんと楽しいこと、タックインを多用しながらコーナーを駆け抜ける楽しみ、まさにdriving pleasureの極み!

PS
Genevaは多忙により行けなかった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2012.02.13

Canonica Fossati

Img_0607

昨年末のクリスマス休暇、イタリアへでかけた帰りに友人に会うためMonza近郊のHotel Canonica Fossatiに宿泊し、名物レストランAntica Ristrante Canonica Fossatiでおいしいイタリアンを食べてきた。

そのHotelのロビーで撮影した写真がこれ。実はこのHotel、Monzaの定宿として知る人は知る有名なHotelなのである。Hotel自体は田舎にあるごく普通のそれなのだが、現在でもMonzaにレースに来たF1を初めとするレース関係者が宿泊するという。そのロビーには新旧のドライバーらの写真やサインが壁一面に飾られいかにもな雰囲気。(意図的に機会を作らないとなかなか訪れることができないところなので、記念として)

Continue reading "Canonica Fossati"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2011.12.23

Goodwood Revival 2011

P1030052

クリスマスバカンスに入り心身ともにリラックス、久々にゆっくりと趣味の時間を満喫、blogをUL.


今年は初めてGoodwood Revivalを観戦。
全てがタイムスリップしたRevival circuitに虜になってしまった。その雰囲気が最高に楽しい。普通、クラシックレースというとレースする側も観戦する側も年配の男性がメインという風情、ところがGoodwood Revivalはそんなステレオタイプな人は半数以下。それ以外の人は家族でここへ足を運び、自らコスプレを楽しみ、サーキットでピクニック、まるでディズニーランドを訪れているような雰囲気なのだ。

実は旅行初日にカメラバッテリーが故障してしまい、写真は数少ない。今回は妻のカメラに残ったコスプレ特集をレポート。

TEC-MEC 250Fの周りにはバニーガール!! サーキットでレースクイーンならぬ、バニーガールに遭遇するとその驚きは倍増!


Continue reading "Goodwood Revival 2011"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2011.06.27

GRAND PRIX DE L'AGE D'OR

P1020678

前回の更新が5/15なので、また1ヶ月も空いてしまった。その間にVilla d'EsteやGiro d'Italia, ほかにも早めの夏休みをもらったのでイタリアにも行きましたが、それらはまた時間のあるときに。


今回はDijon Citrcuitで行われたクラシックカーレース、GRAND PRIX DE L'AGE D'OR

このGP、Italia Intecoppa、UK Silverstone Classics、Belgium Spa Classicsなどと並ぶヨーロッパクラシックカーレーシングシリーズの一戦。Monzaに出かけるよりも、こちらの方が近くなったので今回は初のDijon遠征。

栄光を作り上げてきたマシンがエンジン全開で疾走する姿は鳥肌もの。
久々にレーシングカーを眺めることができたし、友人にも出会えたり、過去にF1が行われていたのDijonサーキットに感激したり、随分と楽しく過ごせた。

Continue reading "GRAND PRIX DE L'AGE D'OR"

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2011.05.15

GENEVA2011 その2

Img_4011

間にTour de Romandieを挟んでしまいましたが、GENEVA2011の第2弾。
すでに2ヶ月以上も経過しているので、今回でどうにかまとめたい。

TOP写真は日産からの電気自動車の提案、キュートなフロントマスクと近未来的なパッケージングはなかなかなもの。フロントマスクの青い光がさらにそれを際立たせる。LEAFよりも魅力的。


Img_4013
MAZDAのコンセプトカーは最近のシリーズ(いつも難しい名前で困る)をより具体化した作品。まるでこのままの形で生産化されてもいくらい完成度は高かった。
MAZDAというと、これらの流れるようなデザインを連想させるのでイメージ戦略は既に完璧。あとはいかにこのまま製品化にたどりつくかが勝負?


Continue reading "GENEVA2011 その2"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2011.04.25

GENEVA2011

Img_3929

約2ヶ月も更新が滞ったのは初めて、随分と時間が空いてしまった。

前回の更新ではGenevaShowを前に意気揚々とULした訳だが、その後にArizonaにいっている間に大震災が起こり、blogどころではなくなってしまった。TVやインターネットで映し出される光景は信じ難く、遥か遠くから何も出来ないながら心配していた(現在も原発は収まっている訳でなく心配)。
そうこうしている間に忙しくなって更新のタイミングも逃してしまうことに。そしてGenevaから1ヶ月半も経過した今、イースターホリデーで時間がとれてやっと更新という次第、随分と遅報だがやっとUL。

さて随分と昔のことのように思うGenevaの写真を振り返りながら、会場を訪れた時間軸にそって自由気ままに綴ってみたい。

GenevaShowはそ巨大なこととそのブースレイアウトから、大体訪れる順序が決まってくる。今回は気合いを入れて7.45AMからのLamborghini Aventador発表に間に合うよう訪れた。

Continue reading "GENEVA2011"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2011.02.26

GENEVA

A4fhr

今年も3月がやってきた。

3月といえば永く憧れていたGenva Showの季節、昨年初めてGeneva Showを訪れて永年の夢をかなえることができた。今年はほんの少し近くなった(それでも250km程ある)ので、昨年に続いて是非とも訪れたいと思っている。(できれば3月の恒例行事にしたいくらい)

81回目を迎えるという伝統のGeneva Show。
今年はイタリアからもLamborghini, Ferrari, Paganiなどから数多くのニューモデル発表もあり、もちろんDesign Carrozzeriaからも発表される。ほかにもものすごい数のニューモデルが発表されるようで期待大!

今回、平日訪問なのでちょっときついが、Showをゆったり眺めては夕方Cafe de Parisで業界人のようにステーキを食べて帰ってきたい。

今から来週のことを考え興奮している!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2011.02.21

棚からひとつかみ Maserati

P1010582

週末は友人がきていたので特に趣味系イベントはお休み。
ネタもないの蓄えてきたグッズシリーズ、(連動企画で)棚からひとつかみ。

Maseratiから!
TOPの写真、Maseratiのコーポレートカラーに塗られたレザーには、誇らしくMASERATIという名とエンブレムの型押し、そしてバッジまで施された高級そうなもの何かおわかりであろうか?


Continue reading "棚からひとつかみ Maserati"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2011.02.13

叶わぬMonteverdi

Img_0162

Monteverdiといえばかなりレアカーといわれるのではなかろうか?

Basel, Binningenを本拠地としたMoteverdiには今でもmuseumが存在する。いつでも訪れるからと、特に気にかけていなかったが、あのうっとりするような王冠マークをみるために訪問してみた。

ホームページには「事前連絡のこと」という注意書き、電話しても誰も出ず・・・。
家から10分ほどの場所なので、向かってみるとビルには「MONTEVERDI」そして憧れる王冠のエンブレムが大きく掲げられている。

Img_0161

これまで前は何度も通っていたところだったが、気づかなかったようだ。前にクルマを止めると1990年のMONTEVERDI Formula 1が誰でも見えるガラス越しに飾ってあってびっくり。これにも今まで全く気づかなかった。しかし、案の定CLOSED、残念!!

それから2時間後、Museumから丁寧にも電話がかかってきた。
今日、訪問は可能かどうか尋ねてみると、現在は10人以上の団体客しか訪問は受け付けていないという。

皆さん、10人以上で行ってみませんか?

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2011.02.08

Bienvenue C4

Img_0156

一時帰国から帰って参りました。(どちらも帰国なのでよくわからない???)

さてClioの苦境を記したばかりでしたが、今日Clioとお別れしてCitoroen C4がやってきた。

もう買い替えが決定してからは、Priusが欲しいというハイテックへの興味は薄れて探すクルマはラテン車ばかり。やっぱりクルマ好きの魂が沸々とわいてきたのでした。AlfaRomeo Giuliettaに至ってはディーラーまで巡って価格表と見積もりまで貰ってくる有様、しかしその価格に負けて現実路線へ。丁度モデルチェンジしたばかりのCitroen C4が数も豊富だったのでそこへ狙いを定めた。

やってきたのは1.5年落ち、ワンオーナーで走行距離2300kmの中古車。初代オーナーは御年80歳の方だったらしく、家の近所しか乗らなかったよう。未だ車内は新車の香りが漂い、エンジンルームはピカピカ、ダンパーのあたりもついていないような新古車。

早速50kmほどドライブしてみたが、さすがに現代車ゆえ乗り心地、快適性はこれまでの比較にならない。個性を再び主張し始めたCitroen時代のデザイン、エクステリアは丸くて可愛らしいスタイル、インテリアは個性的なセンターメーターで普通じゃない。ここがCitroenらしくてよい。

足車ゆえ信頼性重視、これからエンジン、足回りを慣らしてあげて、頑張ってもらおうか!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧